前回の記事が中国の話題だったので
今回は泣き女についてつらつらと。



なんか最後の方は、故人そっちのけの感じが・・・

次に泣き女が主役の中国映画をどうぞ。
by カエレバ


途中でクライマックスシーンがどうなるか分ってしまうという
脚本の弱さがあるものの
中国の葬儀屋さんを知るには良い映画かも。
(といっても日本のドラマや映画の葬儀屋ってリアリティに欠けることが多々あることを考えると
この映画の描写も少し割引いて見た方がいいのかも。)

泣き女は伝統芸能みたいなもんだとは思うのですが
大陸出身の女性が喪主の時、
えっ?って思うくらい慟哭(どうこく)するのを何度か目撃しているので
そういう素地というか遺伝子というかそういうものから
生まれたのだな、という印象です。

さて
日本にも実際泣き女がいたらしく

55年前は〈泣き女〉がいた

立石憲利 吉備人出版 2010-09-18
売り上げランキング : 1262977
by ヨメレバ

泣き女を主人公にした小説と言えばこれ。

葬儀の日 (河出文庫―BUNGEI Collection)

松浦 理英子 河出書房新社 1993-01
売り上げランキング : 258318
by ヨメレバ
ライバル?として「笑い屋」が登場します。
お葬式のシーンはあまりなかった気がしますね。
松浦 理英子がこれを書いたのが19才の時
というのをあとで知って、唖然。
その後、彼女の作品「ナチュラルウーマン」は映画化されたけど
主演の緒川たまきは日本の女優で一番好きな顔。
でも結婚相手がケラって、なぁ。
入籍発表聞いた時は俺が
泣き女だったよ。 


<2014年04月18日>記載