先日
「葬儀代着服した」と書き置きした元パート職員(大分)2014年05月16日


という報道がありました。
ん?それにしてもJA葬祭の葬儀代金着服事件て多すぎないか?
とふと思い調べてみると・・・

JA職員、勤務先の葬儀代355万円着服、パチンコ代に 解雇(群馬) 2014.3.12 12:21

葬儀代着服:JA子会社社員容疑 刑事告訴し解雇 /茨城 2014年04月05日
 
大分農協 葬祭担当 パート職員 男性 葬儀代金使い込み2013年4月 

 JA雲南2200万円不明 元経理女性 連絡とれず(島根)2012年4月18日

職員による計約2200万円の着服 2011年  



多過ぎ!(^^;)
たった10分の検索(「JA 葬儀 着服」)で。

手口としては
A家の葬儀代金の集金分に手を付ける
→ギャンブル等に使う
→穴埋めに次のB家の葬儀代金の集金分に手を付ける
→穴埋めに次のC家の葬儀代金の集金分に手を付ける
→無限ループ
という感じでしょうか?

さて、なぜJA葬祭で職員の着服(報道)が多いのか考えてみると・・・

好意的でない分析
・金の管理が大甘
・手癖の悪い人でも採用する傾向がある
・従業員モラルが低い
ゴキブリ理論で実はもっとやっている人がたくさんいて、
これでも氷山の一角

好意的な分析
・JA葬祭は会社というより一業態みたいなもので、
 構成員が極端に多い(=分母が多い)ため。
 だから不祥事発生「率」は普通の葬儀屋より低い。
・もみ消すということをしないため、数少ない事例がオープンになる

さて、正解はどれ?


<2014年05月20日>記載