以前
と言う記事でシャールクカーンディーピカ主演の
「om shanti om」   というインド映画の傑作を取り上げました。

by カエレバ

 
そしてまたコンビ復活。
Chennai Express 


 (ちなみに途中で出てくる顔を塗った人が踊っているのは、インドの民族舞踊カタカリダンス。
出演者が履いている巻きスカートみたいなものは男性庶民がはくルンギと呼ばれる服) 
 
日本では未公開です。
輸入DVDで見ました。

今回は「遺骨」がマクガフィン(ストーリーを推進させる小道具)の一つになっています。
(遺骨がマクガフィンの働きをする映画って
私が知る限り「裸足のピクニック」がそうだったと思うのだけれど)

祖父の遺言が南印度の海に散骨してくれ、だったため
遺骨を持って南印度に向かう主人公が途中ヒロインと出会って、
巻き起こるドタバタ劇・・・・
というコメディ映画。

我々日本人のイメージするインド人の散骨って
ベナレスで火葬後、ガンジス川へ
という認識が一般的ですが
インドにも海に撒きたいという発想があるんですね。

もちろん日本のように海上に出て撒いたりするはずもなく
波打ち際でバサーッってやってますけど。

映画のデキに関しては
南印度のカラッと乾いてカラフルな画面の質感は独特で
すごくいいです。
ただし
南印度の人(タミル語文化圏かな)にヒンディー語が通じない、
ってところが笑いを生む構造になっているはずなんですが、
全部英語字幕で表記されると、そのあたりのおもしろさは伝わってこないです。
脚本もイマイチかな。 
 
まぁ、個人的にはディーピカが踊ってくれればそれでいいんですけどね(^^;)


<2014年07月07日>記載