1年くらい前に書いて、
そのままになっていた記事。
前回の記事
「備忘録としてのひとりごと」
と関連性がある内用なので引き続き今回アップしました。
**********************
知合いのインド人はいつも「おはよう」の代わりに
「Are you happy?」と、言う。

葬儀屋さんである私は日常的に人の不幸に接しているからこそ
幸福について考える機会が多い。
というわけで今回はこの本。

「幸福の習慣」
幸福の習慣

トム・ラス,ジム・ハーター ディスカヴァー・トゥエンティワン 2011-10-16
売り上げランキング : 71892
by ヨメレバ

この本の解説から
「幸福とは何でしょうか?」「どうすれば幸福は手に入るのでしょうか」
このテーマに、世界随一の世論調査会社ギャラップ社は
1950年代から50年以上かけて取り組んできました。
本書は、その調査の集大成ともなる1冊です。
世界人口の98%にあたる150カ国での調査を、
本書の著者トム・ラスとジムハーターが分析した結果
以下の「幸福の5つの要素」が明らかになりました。
 〇纏に情熱を持って取り組んでいる
◆,茲た祐峇愀犬鮹曚い討い
 経済的に安定している
ぁ/歓閥Δ坊鮃で活き活きしている
ァ|楼莠匆颪帽弩イ靴討い
 
これらを満たすと幸福になれる、というのは確かにそうだと思う。
問題はどうやって満たすか、だ。

私の場合はと言うと△らイ亘たしている。
その評価基準のハードルが低いと言うこともあるけど・・・

問題は,澄
数年前までは,睨たしていた、というか,もっとも満ち足りていたと思う。

ここ数年は以前ほどうまくいっていない。
原因ははっきりして、
仕事の比重が現場担当からマネージャーに移りつつあるからだ。
葬儀担当の機会が減りつつある。

現場ではただひたすらお客様からほめてもらっていれば良かった。
もちろんほめてもらうことは大変なことなのだが、
自分にはその才能があり
そしてその才能を伸ばすための努力ができた。
極めて「幸福」な時期だったと思う。

マネージャーになるというのは
これまで遺族がお客様だったのが
部下がお客様になるということだ。
そして今度は部下に尽くす役割が与えられる。

どうやったらいいか分らなくて、
というよりはスキルでそれらしく振る舞うことはできるのかもしれないが
しっくりこない、という感覚。
このあたりが、近年のフラストレーションになっているのだと思う。

もしかするとこれまでずっと自分の意識は
葬儀担当者ではなく遺族だったのかもしれない。
過去の記事で遺族を同志と表現したことがある)
だから顧客目線でいられたのだが
今は葬儀担当者の立場ですらなく、
マネージャーにシフトしているということだ。

幸福です、と言い切れる状態では無くなった。
かといって不幸なわけでもない。

この悩みに回答が出ないまま、ずるずると来てる。

というわけで最近読んだこの小説は響いた。

棒の哀しみ (集英社文庫)

北方 謙三 集英社 2009-10-20
売り上げランキング : 669258
by ヨメレバ

いつまで経っても所場代集めや喧嘩などの現場仕事がやめられない
ヤクザの話。
北方謙三を見直した。
(親分亡くなった次の日が通夜なのは早すぎ
って思ってしまったのは職業病だね) 

北方謙三と言えば今は亡き雑誌ホットドッグプレスの人生相談において
「悩んだときにはソープへ行け」
というアホなアドバイスで有名だったが
もしかして信じていいのかも・・・

いや、ねぇな。
行ったことなくてもそれくらいは分る。
ウシジマ君の1巻読んじゃったし。
ムリ

闇金ウシジマくん 1 (ビッグコミックス)

真鍋 昌平 小学館 2004-07-30
売り上げランキング :
by ヨメレバ

えーっと、今回オチないっすよ。
たまには心情吐露して好感度あげようという魂胆ですよ。

結果的に風俗ネタ入って失敗してるしね。

ふーっ(-。-)y°°°


<2014年09月16日>記載