先日書いたこの記事
イケダハヤト氏との顛末について

に関連して。
イケダ氏とのやりとりが
少しだけツィッター界隈で拡散したようなのですが
こんなツィートが


こう考える人もいるのだな、程度の感想だったのですが
何人かの方がリツィートしているのを見て
意外とこう考えている消費者の方は多いのかもしれない
と後日思い直し、今回取り上げさせてもらいました。


『「とはいえ人生でそう何度も喪主をやらない」ので
良い葬儀屋さんを選ぶことをあきらめる、もしくはしない』
という選択に関しては個人の自由なので
特に何も申し上げることはありません。

ただ悪い葬儀屋さんを選んでしまったときに、
「葬儀業界のせいにしないでね」
ということと
「葬儀未経験者でも良い葬儀屋さんを選ぶ方法はいろいろありますよ。
消費者に良い葬儀屋さんを選ぶ意志さえあれば」
ということは申し上げたいです。

病院から勝手に死亡情報が葬儀屋に漏れてるようではね
これはどういうイメージでおっしゃってるんでしょうかね。
クレジットカードの個人情報漏洩みたいに葬儀業界内に流出している、
と思っているなら都市伝説ですね。

確かに霊安室業務を管理する葬儀屋には伝達されているでしょう。
病院霊安室の使用履歴の管理をしないといけませんからね。
(余談として葬儀屋さんの本音としては、
個人情報はいらないから先に死因を教えて欲しいとおもっているのですが・・・
伝染リスクがあるので。
病院は教えてくれないんですけどね。)

ただ仮に霊安室管理葬儀社を対象として
「勝手に死亡情報が葬儀屋に漏れて」いたとしても
それが良い葬儀屋さんを選べない理由にはならないですよね。

例えば
ベネッセからジャストシステムに個人情報が漏れていたらしいですが
だからといって別にほしいとは思っていなかった一太郎を
買ってしまうことはないですよね(^^;)

そもそも病院の霊安室業務を管理する葬儀屋さんに
葬儀を依頼しなければいけないルールはありません。
当たり前のことですが。
またマスコミによって
病院の葬儀屋さんに依頼してはいけないという意見が浸透してきたので
病院を起点に集客するシステムは既に崩壊しています。
(参考記事:葬儀社と病院の癒着について

というわけで思考停止をする前に
ちょっとだけでいいから
良い葬儀屋さんを選ぶ努力をしたほうが
消費者の効用を最大化
するのではないかと思うのですが
いかがでしょうか? 

(追記)
あと橘玲氏のブログで同じ主旨の意見を見つけたので
掲載しておきます。
ブラック企業問題は市場原理が解決する  | 橘玲 公式サイ

 皮肉なことに、道徳的な批判や政府の規制ではなく、
市場原理によってブラック企業問題は解決されるのです。


<2014年08月11日>記載