本日(2014年8月5日)
フジテレビ「カスペ!・お盆直前緊急企画!! お墓・葬式100のギモン徹底解明SP」
という番組が放送されました。

観た感想としては・・・
ゴールデンタイムのバラエティで
葬儀部門の監修を佐々木悦子にやらせたら
まずいんじゃないかという危惧は当たってしまったようです。

彼女のポジションは
葬儀屋の悪口を言えば言うほど有利になるように出来ています。
(参考記事:葬儀業界の正義の味方

しかしお葬式の担当をやったことがないのに
「お葬式のスペシャリスト」と全国放送で名乗れるというのは
普通の神経ではできないですね。
メンタル的にスゴイと思います。

ゴールデンタイムの全国放送で流れてしまった以上
私のブログで 指摘したところで焼け石に水ですが、いつもいってるように
「黙っていることは認めてしまうこと」になってしまいますので
ここがおかしい、というところを指摘します。

ちなみに私が指摘するのは専門の葬儀に関する部分だけです。
お墓のように(自分にとって)周辺業務に関しては
専門家である墓石屋さんに任せます。
佐々木悦子さんのような神経は持っていませんので。

TV番組の場合、制作側の演出の名の下に
監修側の意図がねじ曲げられることはあります。
よって佐々木悦子の監修そのものがおかしい部分と
演出がおかしい部分があるはずですが、
番組の最後に
「専門家が監修しています」
とエクスキューズのテロップが出た以上はその区別無く指摘させていただきます。 


・ご遺体の院内の搬送中に名刺を出したりしない
 ましてや葬儀屋決めた?なんて売り込みはしない

・ご遺体を間に挟んだ立ち位置で話したりしない

・葬儀屋役に小狡そうな俳優使って
 金ピカの腕時計をはめさせているところに悪意を感じる。

・病院に安置できる時間は2時間なんて言い切るな

・日本消費者協会のデータは使うべきじゃない。
(参考記事:マスコミが報道する葬儀費用のウソ(日本消費者協会編)
 おまけに最新じゃなくて前回のデータじゃないか。

・5名で350万の葬儀があったから、どうだというんだ。
 私は、式場内を全てバラの花で飾って10名で400万円の式をしたことがありますが。
 (もちろん遺族の希望)
 特殊な事例を出して視聴者をミスリードするんじゃない。

・親戚の交通費宿泊費を喪主が負担するのは一般的か?

・お坊さんはどうやって探すの?→葬儀屋さんに頼んで・・・
 菩提寺のチェックさせろよ。危ないな。

・ナレーションのためのヒヤリングを開式前にやるか?

・遺族が末席に座るっていうのもなぁ、
 佐々木さん東京中心に活動してんじゃないの?

・オチは、見積もり作らず、倍の金額請求されてビックリ
 っていつの話だよ。

こんなとこでしょうか。
地域宗派によって違うからなんて言い訳は
認めないです。
 
こっちはタウン誌の寄稿ですら、
何度も推敲して誤解がないようにやってんのに
この脳天気さはなんだろう。

(追記)
マナー講師のいっていた
・葬儀の挨拶は語尾を消え入るように

・葬儀の靴、女性は布製、男性は合皮
というのは間違いです。


<2014年08月05日>記載