最近ネットで
ハイテク関連企業、葬祭業に目を向ける 遺骨を月に送る費用は1万2500ドル
という記事を見かけました。
イギリスでは毎年50万人が死亡する。ある市場研究機関の調査では、毎年、イギリス葬祭業の営業収益は約20億ポンドだ。墓地供給の不足による火葬費用の上昇を追い風に、2014年、葬祭業の営業収益は4.7%伸びる見通しだ。
現在1ポンドは172円くらいなので20億ポンド≒3440億円
これをイギリスの年間死亡者数50万人で割ると 
葬儀一件当たりの値段は 688,000円になる。
イギリス

とはいえこの記事には出典がないので
イギリスのGoogleを使い「funeral average cost」で検索


この記事を読むと
discretionary estate administration costsの2,160ポンドは
多分墓の初期費用っぽいので除外すると
火葬埋葬費用に3,456ポンド(594,432円)+花や飲食費用に2,006ポンド(345,032円)
=葬儀の平均単価は939,464円 ということに。
On average, the price of a typical funeral, including non-discretionary fees and a burial or cremation, is £3,456.
The average amount spent on extras such as a memorial, flowers and catering is £2,006 and discretionary estate administration costs have increased significantly to £2,160.

この中に教会への御礼が含まれているかは不明。
それから日本人が想像する葬儀費用の項目とは
もしかしたらズレがあるかも知れません。

ちなみにイギリスのサンライフダイレクトという保険会社のサイトを見ても
同じような説明があります。
(しかしまるで葬儀会社のサイトみたいなテキスト内容ですね。
葬儀の現物支給がもし現実のものになったら
日本の保険会社のページもこうなるんでしょうか)

しかしnon-discretionary fees(規定報酬ってこと?) が
3,456ポンド(594,432円)ってことは
葬儀の最低価格を比較すると日本より割高かもしれませんね。
ポンド

それから多くの貧困層が困っているのに
葬儀価格が上昇している背景が知りたかったんですが
その原因を見つけることができませんでした。
(冒頭の記事には墓地不足で火葬費用上昇と書いてますが
因果関係がピンときません。) 
御存じの方は教えてください。

(追記)
島田裕巳氏は著作の中で
「葬儀費用、イギリス12万3千円」とおっしゃっていますが
 (参考記事:島田裕巳「葬式は、要らない」の情報操作を指摘する
今後そのデータを彼が引用するのは禁止とします。
俺ルールで。


<2014年08月20日>記載