本年度の葬祭ディレクター試験本番まであとわずかとなった。
受験予定の葬儀業界関係者諸君に
葬祭ディレクター試験で最も注意すべきことを
今回は伝えたい。 

受験者は全員持っているはずの公式模擬問題集の102P
試験課題の一つである「幕張り」の項を開いてもらいたい。

(↓クリックで拡大) 

注意事項キャプチャ
※試験時において、半裸に近い状態等の限度を超えた服装での作業が見られたため、幕張作業はお客さまの前で作業をすることもあるので注意が喚起されています。
これは大変重要だ。
太字で書かれている。

重要というわりには、警告文の日本語がこなれていない、とか言ってるそこの君!
葬儀屋が一生懸命に伝えようとしているんだぞ。
どうしてその気持ちをくみ取ってやることができないのか!

このガイドラインを無視して
この試験を通ることは不可能だろう。

注意書きの文末は
「注意が喚起されている」
という表現になっている。

禁止する、とは書かれていない。

とはいえ
まず言えることは
全裸は認められない
ということである。

これは当然である。

なぜなら幕張りという作業内容から
床に画鋲が落ちている可能性がある。
少なくとも靴、できればスニーカーくらいは着用すべきであろう。

しかしそれでも「半裸に近い状態等の限度を超えた服装」とあるので
全裸にシューズというスタイルはやはり難しいかも知れない。

だが『半裸に近い状態「等」』
とはいかなるものか。

忘れてはならないのは
我々葬儀社のスタッフはサービス業、
それもフォーマルなサービス業に従事しているわけであるから
昨今のクールビズなどの風潮に迎合することなく
とにもかくにもネクタイはまず必須であると断言できる。
上半身が裸体の場合、直接首回りの地肌にネクタイを締めることになるので
通気性の良いリネン製のネクタイをお勧めしたい。

次に、グラビアアイドル風「手ブラ」はOKなのか。

だめだ。

両手が使えないので幕を張ることができない。 

どうやらここまでが限界らしい・・・

水着


つーか、お前ら服着ろよ!
 
どこの世界に
資格試験中に服着ろ、なんて注意書き
のある職種があるんだよ!

俺は恥ずかしいよ。
 
もちろん今は服を着てるけどね。

それから役に立つと思ってクリックしたのに!
と憤慨している葬祭ディレクター試験受験者の人!


ごめん<(_ _)>


<2014年09月03日>記載