葬儀の担当が累計1,000件近くなってきた頃から
御遺族に褒めてもらおう、という自分の気持ちが邪魔になってきた。

こないだ日経新聞の記事で
ある互助会経営者が
「(葬儀の)司会者が、さあ泣いていいですよ、とサインを送った方がいい」
と言っていた。
まぁ、悪い人じゃないんだろうけど、
きっと私とは話しが合わないだろうな、
と思う。

遺族のために何か特別なことをする、そうして
遺族から発せられるであろう感謝の言葉を期待する自分の気持ちが
なんかイヤになってきたんだよね。
もちろん、そういう気持ちがあって
それがハードな現場を続ける原動力にもなってきたわけだけど。
でも同時にそれを望む作為というか自己顕示欲が不純だと思う自分もいて。
スポットライト

という記事を書いた。
遺族に向けて、ではなくいっそ
故人に向けて、の方がしっくりくる。
最初から見返りを期待しないからね。

できることなら葬儀において
自分の存在を消したい、と思う。
どんどん自分の存在を薄めていって
その結果遺族の満足だけが残る、という状態が一番幸せ。
スポットライト2

ただこの心境って私の筆力もあって
うまく伝えられないなー
と思ってたんだけど
この間日経新聞の柄本明氏のインタビューを読んで
あーこれこれ、この感じ
と思ったので引用させていただきます。

「演じない」境地目指す 
舞台では自然体が喜劇に 俳優 柄本明さん

(サイト会員にならないと全文見られないようなので
一部を抜粋)
 
 人前で演じることは恥ずかしいし、不自然。
そう語る俳優の柄本明さんは日々、自問する。
演じていないように、演じることはできないか。

 やりたい、やりたいと手をあげる人の芝居を見たいですか。
僕なら、イヤだ、イヤだという人にムリヤリやらせる芝居が見たい。
俳優が何かを創造できるとは思わない。

 自然にしゃべれ、と言うけれど、台本のセリフは人の書いた言葉。
それを話すのはそもそも自然ではない。
だから舞台に出てきた俳優は、
いわば檻(おり)の中に入れられるようなものだ。
人目にさらされ、何かしようとする。
下手な俳優ほど、じたばたする。

 時間がきた。舞台へ出ていく。ただ書いてあることを言う。そうありたい。

 ところが僕も含め大概の俳優は何かしよう、表現しようと欲望を抱いてしまう。

(中略)
 
別役実さんの喜劇はさりげない。
くすくす笑いで、人にさわってこない。
熱いものが流れていない。
お客さんとの間で一定の距離感を保っている。
そこがたまらない魅力だが、とても難しい。
演じようとすると、手から水がこぼれるように逃げていってしまう。

 とくに声。俳優は耳で声を選ぶ。
いい芝居をしなくちゃいけないという意識があると俳優は声をはる。
お客さんは「一生懸命やってるな」となって、取引が成立する。
人間が人間を見る、これはおそろしいことだと思う。
何かをやる羽目になっちゃう。

 僕は殿山泰司さんという俳優が大好きだった。
こう言っていた。「向上心を持っちゃいかん」。
突きささる言葉だったなあ。
僕は劇団の若い俳優にこう言う。
今、あなたは、そこに立って人に見られている。
そこで、あなたが感じていることがあなたの演劇で、
それ以上でもそれ以下でもない。
存在感のない人間なんていないのだから。
大俳優の発言を例に出して大変おこがましいんだけど
この記事と併せて載せれば、何かしら伝わるかな、と思って
引用してみました。

それでも今日の私の記事って
一般の読者の方にはうまく伝わっているんでしょうか。
同業の方にすらうまく伝わっていないかもしれませんが・・・
すいません。 


<2014年09月20日>記載