先日
ひろさちやの意見には共感できない
という記事を書いたところコメント欄に
賛否両論いただいたのでもう一本補足記事を書くことにしました。

上記の記事で書いたように私は終活推進派。
終活反対派の方の意見は
終活のせいで迷惑する遺族もいるので、余計なことはしない方が
という主旨でした。

おそらくこの意見の違いは
終活の定義の違いからきているのではないかと。
地図2

おそらく反対派の方のイメージする終活というのは
私が「三国モデル」と呼んでいる終活のことではないでしょうか。

三国モデルとは・・・
2年前に亡くなった俳優三国連太郎氏がやってしまった?終活。
亡くなってみたら
・人に知らせるな
・散骨してくれ
との遺言が。
立場的に知らせないということは不可能なので、
結局プレスリリースを行わざるを得なかった。
散骨の話も遺族には寝耳に水だったようで、
遺骨が無いのは寂しいとのことで現時点では散骨は行われていない模様。

一方私がイメージする終活は
金子モデル。

金子モデルとは
流通ジャーナリスト金子哲雄さんの葬儀について思う
↑この記事を参照。

亡くなった方に申し上げるのは気が引けますが
三国さんは
目的地の設定を間違えた上に
地図を残さなかったのだと思います。

おそらく地図(≒手段)をちゃんと真剣に考えていたなら
目的地の設定が間違っていたということに気づいたと思うのです。

だから中途半端な終活でそんなことになるくらいなら
「好きなところへ行け」って行ってくれた方が,まだまし
という意見は分らなくもないです。
地図

しかし故人の遺志を満たすことが自分の満足と考える遺族もたくさんいて
残されたそういう人達はどこへ行ったらいいか分らなくて途方に暮れるでしょう。

現実は、道に迷うか、迷うくらいならどこも目指さないかの二者択一ではなく
旅慣れた人(ここでは葬儀屋さん)に相談するという選択肢もあるはず。

ご本人にはお葬式に対して何のこだわりもないが
ご本人と家族をまじえて万一の時どうするか話し合う、
という事前相談をするケースを数回経験しました。
どのケースも良いお葬式であり
御遺族も事前に相談して良かったとおっしゃっていました。

家族が迷った上で自己責任で決断するのが
グリーフワークにつながるという考え方もあるとは思いますが
リハーサルなくもやり直しもきかないお葬式にそれを強いるのはちょっと厳しい。
終活をすることによって迷わせないようにしてあげるのも、
一つの家族愛だと思う。

参考記事:
映画「エンディングノート」の衝撃


<2014年11月15日>記載