先日
「モズ 葬式探偵の挨拶」を読んで
という記事で葬儀をテーマにした漫画の紹介をしました。
その後その作者の作品を調べていたら
この本が。

マンガで読める職業カタログ「お疲れさまです」 
マンガで読める職業カタログ『お疲れさまです』

吉川 景都 日本経済新聞出版社 2009-09-19
売り上げランキング : 287639
by ヨメレバ
働く女性に取材したコミックエッセイ集。
で、紹介されている職業の中に
「葬儀社の通訳」というのがあり、
なんじゃこれ?というわけで購入。

読んでみると
葬儀社が雇っているエンバーマーが外国人で、その通訳をやりながら
葬祭スタッフをやっている女性であることが判明。

ということはあそこか・・・

暴力団の葬儀を引き受けたりチップもらったりするエピソードが出てきますが
この本が出版されたのが2009年なんで一応セーフ?

おそらくこの取材がきっかけで
葬儀探偵モズが生まれたのではないでしょうか。 

で本題はそこじゃなくて
社内のおやじどもの、手を握ったり抱きついたりのセクハラがひどくて
花屋の彼氏が耐えられないということで破局になったというエピソード。

私はこういう(前近代的な)「葬儀屋にありがちなもの」を過剰に嫌っています。
この業界に足を踏み入れて以来ずっと
こういう連中をのさばらせてたまるか、という気持ちを常に持ってきました。
(こういう人種は(自分の勤め先では)現在淘汰されましたが。)

いまでも上の世代が説教を始めると、
お前が言うなと条件反射でかみついてしまいます。
(参考記事: 
「だから、葬式は必要だ。―弔いびとが葬儀業界の真実を語る」はかっこ悪い
某互助会元役員の大西秀昌氏に苦言を呈する 2/2 )

自分より少し下の世代の同僚が、「ゆとり世代はまじめ過ぎておもしろくない」
なんて言ってるのを聞くと
「これでもまだまだまじめな人種は少ない。
チンピラみたいな上司に式中に殴られた経験をすれば分かるよ」
とつい老兵の繰り言みたいなことを思ったり。
(そんなに老いてはいないけど(^^;)) 
マンガで読める

ルーズだったりコンプライアンスを守れない同僚を注意するときは
大きな声を出したりしません。

ただ
「まるで葬儀屋みたいだね」
と冷ややかに言う。

それが私の最上級の叱責。

業界外の人が読むと先人への敬意が足りないと思われるかもしれませんが
(もちろん尊敬に値する先輩も稀にいましたけど)
昔から業界内にいるとそういう思いになるのですよ。


<2014年12月09日>記載