仕事柄祭壇に飾る供花の申込を
いろんな企業様からいただきます。
その申し込み方で企業のカラーというかレベルがよく見えるという話です。

(供花って何?というかたはこの記事をどうぞ。
 葬儀のお花(供花・生花)の効果的で正しい送り方を葬儀屋さんが教えます )

例えば有名ホテルから申し込みだと
「これは自動音声か?」と思わせる正確さ、です。
喪家名言ってるから自動音声なわけないんですが
さすが、です。

創業間もない新興系の企業でも
申し込みの電話対応がちゃんとしているところは
伸びている、と思います。
統計取ったわけではないですが、自分の経験の範囲で。

新興系でも
保留押さずに「アー、いまぁ?葬儀屋に花注文してるんだけどぉ〜」
っていう会話を漏れ聞かせる秘書がいる会社は大丈夫か?と思います。
もちろん他の人はちゃんとしていて
この人だけが社長のお手つきなのかもしれないけれど、
ってスポーツ新聞の読みすぎですかね(^^;)

銀行によっては個人情報が誤って流出しないように
→テストのFAXを送ると連絡をする
→テストのFAXを送る
→確認を取る
→それからお花の申込書送ってくる
ところもあります。
やっている行員の方はすごく面倒なのでしょうが
個人情報管理に関しては信頼が置けます。 

言葉づかいが悪い企業が一番多いのは、葬儀業界。
一部の同業者(葬儀社)は
なぜかタメ口。
ライバル心でそういう態度なら、幼稚すぎる。
腹を立てる前に同じ業種として情けないというか恥ずかしいというか。
なんでこっちが恥ずかしい思いしなきゃなんねぇんだって思いますが・・・ 
たしかにこちらは注文受ける側だけど
その程度の会社、と思われてしまうってことに気づかないのかしら?

ちなみにこちらから申し込む機会があるときには、
バカ丁寧に注文してやる(^^;)
電話

あと余談ですが
供花を申し込む方に対して葬儀社サイドからのお願いとしては
先に喪家名を言ってもらうとスムースです。
「えーと、いつだっけ?あっ、13日18時から通夜,14日は11時から12時の葬儀で
式場は,きりがたに斎場?って読むんですか?
で行なわれる長谷川太郎さんの葬儀にお花出したいんですけど」
という申し込み方は結論を先に言わない報告と同じで
時間がかかります。
「供花の申込みがしたいんです。
→故人は長谷川太郎さんです(下の名前が分からなければ名字だけでも)
→(万一同姓同名がいたら追加情報をもらう)」
という申込み方だとお時間を取らせません。 
もちろん申込む方の心理状態や経験を考えると難しいことは
こちらも理解しているのですが
秘書室や総務部の人は覚えておいていただけると
ありがたいです。


<2014年12月15日>記載