今回ご紹介するのはこの本。

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか
ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

ピーター・ティール,ブレイク・マスターズ NHK出版 2014-09-25
売り上げランキング : 103
by ヨメレバ

新しい何かを創造する企業をどう立ち上げるか。スタンフォード大学起業講義録。
第230回 「ゼロ・トゥ・ワン」を投資の観点から読む | 山崎元「ホンネの投資教室」 | 楽天証券

さて葬儀業界におけるゼロ・トゥ・ワンは何だろうと考えてみました。
それ以前に葬儀業界って限定している段階で
本当は課題設定を間違えているわけですが・・・

とはいえ葬儀について語るブログなのでその点はご容赦を<(_ _)>
ゼロトゥワン

この本のおもしろいところは
競争を否定し、独占企業であることを勧めていることです。
となると頭に浮かぶのは「火葬」関係、
もう少し大きく捉えると「遺体処置関係」でしょう。

Googleなど独占企業のうまみを自覚している企業ほど
独占していることを隠そうとするらしいです。
そういえば昔ある民間火葬場のスタッフが
「いやいや、うちなんて、火葬は全然儲かってなくて、式場使用料でなんとか・・・」
と言っていたな(^^;)
IR情報によるとROEの高さは笑ってしまうくらいなんだけど。

また遺体処置関係は
葬儀という文化が仮に廃れたとしても、
人類が不老不死にならない限り需要が永久に存在する。

やはり目をつけるならここでしょう。

葬儀屋の世界が完全な自由競争であるのと
対照的ですね。
本書でも
「完全競争下では長期的に利益を出す企業は存在しない。」
「サービス業では特に独占は難しい。」
と書かれていますが、葬儀業界まさにこれ。

さてゼロトゥワン的には
ここでテクノロジーの話になるんだろうけど
現実には火葬場といえば100%「政治」の話になってしまいます。
行政の許可やら住民運動などですね。

火葬船っていう話もあったけど
結構イニシャルコストがかかるせいか
まだ実用化にはほど遠いみたいです。

まぁ、この政治の話も脇に置いとくとして。

私が考えたのは直葬に特化した新型火葬場。
・棺不要
・10分で火葬(遺体処理が最終目的なら必ずしも火葬にこだわらなくてもいいけど)完了
・拾骨不要(遺骨が残らなくてもいいという前提)

いわゆる島田裕巳氏のとなえるゼロ葬がいいっていう人を初期ターゲットにした火葬場。

0葬 ――あっさり死ぬ

島田 裕巳 集英社 2014-01-24
売り上げランキング : 26129
by ヨメレバ
10分なら基数もそんなにいらないし、
火葬炉前の遺族はお別れ済んだらそのまま帰るので控室スペース要らないし。
10分で遺体処置ってところでテクノロジーが必要になると思うんだけど、
それはどこかの技術者に任せるとして(^^;)
でも現在のシステムって遺骨を残すこと前提で、火量調節やら冷却を行なっているわけだから
その成約が無くなればもっと短縮できるのでは・・・

まぁほとんどの人が眉唾だと思うんだろうけど
本書によると
「ネットワーク効果を狙う企業は、かならず小さな市場から始めなければならない。」
「賛成する人がほとんどいない重要な真実が大切」
らしい・・・・

ねっ?

しかしよく考えてみたら
アメリカの火葬ってこんな感じだったような・・・

ダメじゃん(-_-)

やっぱり、起業家の才能は無かったか・・・


<2014年12月13日>記載