サイトやカタログでの花祭壇の見せ方について、です。

精神物理学者スティーヴンスのべき法則
を御存じでしょうか?

取り扱っている対象項目はいくつかあるのですがその一つに
「長さは1.0乗で知覚されるのに対して面積は0.7乗で知覚される。」
という法則があります。

ざっくり言うと
長さに比べると面積の違いは正確に把握されない、ということなんですね。
(↓この法則のためBCGではプレゼンの時、円グラフを使わせないらしいです。)

外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック

山口 周 東洋経済新報社 2012-10-19
売り上げランキング : 7132
by ヨメレバ



 祭壇
さてここで花祭壇の見せ方について、です。

仮に良心的?な葬儀屋さんが
100万円の花祭壇は50万円の花祭壇と比べて2倍の花材を使っていた場合
花祭壇を真正面から撮った写真を並べても(つまり面積の違いををアピールしても)
消費者にその違いは正確に伝わらないのです。
100万円の祭壇は50万の祭壇の倍の大きさに見えない、ということなんですね。

失敗例として紹介するのは申し訳ないんですが
たとえばこちらのサイト 
固定カメラで正面から撮っているので花祭壇の大きさの違いが伝わらない、どころか
祭壇が大きくなるにつれて、フレームそのままで「引き」で撮ってしまってます。 

相変わらずうまいのはH花壇さんのサイト
ここは花祭壇にかけては業界トップクラスだと思いますが
見せ方もアングル変えたりして面積の単純比較にならないようにしています。

ご参考まで。 


<2014年12月21日>記載