最近読んだ葬儀本についての感想をつらつらと。

葬儀社だから言えるお葬式の話 (日経プレミアシリーズ)

川上 知紀 日本経済新聞出版社 2014-12-09
売り上げランキング : 22397
by ヨメレバ

本書は、130年以上続く老舗葬儀社の五代目として数多くの葬儀と遺族のお手伝いをしてきた著者が、豊富な現場での経験に基づき、「後悔しないお葬式」を実現させるために、送る側、送られる側、誰にとっても必要な知識をわかりやすくお伝えする1冊です。

以前
良い葬儀本の条件
という記事の中で著者の前作をとりあげたことがあります。
今回も葬儀屋さんの書いた本としては平均点以上の出来だと思います。

しかし前回私が指摘した欠点がそのままでした。
それは良い葬儀社の選び方が十分に提示されていない、もしくは弱いということです。
この本のやり方では悪い葬儀社を回避することはできるかも知れませんが
良い葬儀屋さんを選ぶ、というところまでは絞りきれないと思います。 

一例として
「見積もり額と実際に施行した葬儀の金額の平均的な誤差が何パーセントかが重要」
という主旨のことをおっしゃっていますが、
私にはこれの意義がよく分からないのです。
 何%だったらOKなのか、
せめて著者の会社は何%なのか、言ってくれても良さそうなものですが・・・

本3

次は同じく葬儀社の社長が書いた本。
こころをつなぐお葬式―忘れてはいけない本当のかたち

植木 広次 風媒社 2006-01
売り上げランキング : 1724409
by ヨメレバ

ティアの冨安社長の影響のせいで一時期名古屋の葬儀社の方が
本を出すブームがあったのでその類書かと思いました。
しかしこの本は冨安社長の処女作の翌年の2006年には出版されていたようです。

内容は、今読むと普通ですが
当時は葬儀屋さんが本を出すというのは珍しい時代だったと思われますので
意義はあったのでしょう。
ただし
ゴム手袋をしてご遺体に触れるのはけしからん、的な記述があり(P131〜)
この葬儀社の従業員の方が感染していないことを祈ります。

あと一章を割いて
寺院葬を推しているのが地域性というか時代を感じさせますね。


<2014年12月25日>記載