現在(2014年12月29日) 
月間アクセス数146,834 月間PV261,345
(グーグルアナリティクス調べ)   
です。

以前
という記事を書いたように、
スマホからのアクセスもちゃんとカウントできるようになったのはうれしい誤算でした。
グラフ2


さて最近
こういう本を読みました。

by カエレバ

(余談ですが
Kindle Paperwhiteに引き続きキンドルHDX7を購入しました。
基本寝る前の読書と
あれって何だっけとふと気になったときのネット検索に使うつもりで。
実際使ってみるとキンドルブックス読んでて、ブログのネタを思いついたときに
エバーノートをすぐ立ち上げて、メモを入力、っていうのが結構使えます。)

さてこの本には
「ブログの分野がPV(ページビュー)の上限を規定することもある」
ということが書かれていました。
そのとき反射的に、そうだよなー、「葬儀」っていうネットユーザーから一番遠いネタだから
自分のブログのPVはこのぐらいなのかな、とふと思ってしまったのですが・・・

しかしよく考えてみると
葬儀ブログだから今のPV止まりなのではなく
葬儀ブログだから今のPVが得られた
が、正解なのだと気づきました。

葬儀に関するブログってネット上のニーズはそれほどでもないけど
自分には葬儀屋としての適性があり(昔はとてもこんなこと言えなかったけどこの年になると驕らず謙遜せずにさらっと言えるようになりました)
「葬儀屋の中では」という限定条件なら、インプットもアウトプットもできる方なので
ニッチなマーケットで優位性を持つことができた、 
だからこそ、このPVが達成できたのだと思います。

おそらく自分がMacの使い方ブログを書いたところで今の十分の一のPVすら得られなかったでしょう。
(Mac持ってないですけど(^^;)
ネットでポピュラーなネタって言う意味でここはひとつ。)

だってMacの使い方ブログを書いている大きな母集団の中には、
私より文才のある人なんかわんさかいるでしょう。
そんな中、私がMacの記事を書いたところで、底辺に埋もれていたでしょう。

だから葬儀ブログで良かったと思うのです。

本年このブログをお読み頂いた皆様
本当に、本当にありがとうございました。

また来年もよろしくお願いいたします。<(_ _)>


<2014年12月30日>記載