葬儀屋さんて遺族の見ていないところでも
がんばっているわけなんだけど、
もっとその辺りを意図的にアピールしてもいいのでは?
という意見を耳にすることがあります。
その点について私の意見を。
 
野球

野球選手の守備って、横っ飛びでギリギリでキャッチすると観客にはファインプレイとして
がんばっているように見えますよね。 
でも本当に上手い選手って、配球やバッターの癖を頭に入れてこまめに守備位置動かして
正面で普通にボール取ってるんだよね。かつての西武の辻みたいに。

経験積んでスキルが上達するほど
ファインプレイに見えないという傾向が起きます。
「観客」にあたる遺族はその全てを見抜くほど目利きではない。
これって結構寂しいところもありますよね。
でもだからといって私はアピール目的のプレイは勧めません。
若い頃からアピール目的のプレイを意識的にやってると
スキルアップが止まってしまうと思うんですよね。
で体力の低下を意識し始めるころになると
取り返しがつかなくなっています。

それに葬儀の現場では予想外のことが起きがち。
いざっていうときは
フェンスによじ登ってホームランボール取れるくらいの余裕を常に持ちたいですよね。


<2015年03月27日>記載