セレモニースタッフの育成方法を述べつつ
それに関連して最近読んだ本をご紹介したいと思います。
(育成方法とは書きましたが、こちらが育てるというより
 スタッフとして成長していただくには、というニュアンスの方が近いかな。)

今回ご紹介するのはこの本。
店長必携 人が集まる・心をつかむ・育ち、離れない ホスピタリティマネジメント

清水均 日経BP社 2014-10-09
売り上げランキング : 31331
by ヨメレバ

もともと店長がアルバイトを採用・育成するための指南書なんですが
セレモニースタッフを内製化(自社で雇用育成)している葬儀社の方にも読んでほしい本です。

ちなみにここでいうセレモニースタッフというのは
お葬式の担当者ではないけど焼香案内など担当者をサポートする業務の人です。
フルタイム労働ではなく契約社員やパートタイマーの立場で
それなりの人生経験を積んだ(^^;)年齢の女性が務めていることが多いです。
また派遣会社から派遣されることも多く
内製化している葬儀社の方が少ないかもしれません。

とはいえ
会葬者に接している時間はスタッフの中で一番長く
会葬者への対応はその葬儀社のプロモーション活動の一つとも言えるため 
セレモニースタッフはその葬儀社の印象を決めるキーパーソン
なのです。

そのためセレモニースタッフを内製化して育成することは
葬儀社全体のクオリティアップに繋がります。
しかし葬儀担当者ほど育成に注力されないことも多く
その結果スキルアップが行なわれなかったり
離職率が高くなるケースも多々あります。
グループ

ではそのセレモニースタッフの育成について
重要なのに実際行なわれていないのは以下の2点だと思います。
 
・会社の理念を伝えるオリエンテーションの時間を作ること
・トレーナー(先輩セレモニースタッフ)とのOffーJTの時間を確保すること

実態としては最初からOJTという名の現場任せのほったらかし、
になっていることが多いと思います。
そうではなくてちゃんと戦略的に進めていきましょう、ということです。

そこでまず最初にオリエンテーションの時間を作って
葬祭業のすばらしさやこの仕事のやりがいなどを伝えるべきなのです。
この仕事はいくらでも語るべきことがあるはずです。
そこを伝えてから、次の段階として、
どういったことを学んでいくのか
という全体像を伝えていくべきです。
 
次にトレーナー(先輩セレモニースタッフ)と一緒に過ごす時間がスタートするのですが
起こりがちな問題が2つ有ります。

(長くなりましたので次回に続きます)


<2015年01月30日>記載