去年の暮れにこういう記事がアップされました。

葬儀サポートセンターサービス終了いたしました。
 
おそらくネット集客からの葬儀社紹介業のはしりだったと思われる
葬儀サポートセンターがサービスを停止したようです。

同業者の伝聞からの推察ですが
葬儀社紹介業の中ではもっとも消費者寄りであったようです。
「唯一の消費者寄り(の葬儀紹介業社)」という意見もありました。
インターネット2

サービス停止に至った経緯説明と分析を社長がされていますが
私が思う、他の葬儀社紹介業との戦いに負けた最大の敗因は

ネット上の集客力が弱かった
↑つまりトラフィック流入量を稼げなかった
↑なぜならSEO対策を行なう資金が足りなかったから
↑資金が足りなかったのは(どっかのファンドからとか)お金を引っぱってこなかったから

ということだと思います。
(多分その反省から少し前にこの記事のような行動に出たのでしょう)
トップ企業が全てを持っていくネットの世界ではいかに先にシェアを押えるか、
という方法論は葬儀社紹介業でも同じだったということでしょう。 

それからクオリティを重視した丁寧な対応をしようとするあまり
人件費などのコストがかかっていたのかもしれません。

心情的には気の毒な気もしますがちょっとシビアな言い方をすると
目指したニーズは実は存在しなかった(もしくはまだ存在していない)
という考え方もできます。
つまり
「ちゃんとしたお葬式をしたいネット利用者」
というセグメント自体が(ビジネスを維持するほどには)
十分ではなかったのかもしれません。

火葬だけでいいネット利用者はたくさんいて「小さなお葬式」を選んだ
のではないでしょうか。

2009年04月10日にアップしたブログ記事で私は葬儀社紹介業の凋落を予言しました。
「葬儀社紹介機関がうまくいくのはこの5年くらいが限界ではないかと私は思っているのです。」)

葬儀社紹介業の中で圧倒的シェアを誇る小さなお葬式もアルファクラブへ身売りしたことを考えると
私の予言は結構当たったのではないでしょうか。

しかし当たったからどうこうという感慨はありません。

消費者をとりまく葬儀の情報環境は5年前とそれほど変わらず
消費者の困惑は相変わらず続いているので。


(追記)
こういう言い方は失礼かもしれないが
ここがsurvive しているのは不思議



<2015年02月18日>記載