小ネタです。
葬式を妨害すると法律で罰せられると言う話。

10年ほど前、
ある寺院の所有する葬儀式場で葬儀の担当をしていました。
その通夜の最中、近所のオバさんが怒鳴り込んできたのです。
遺族の車の動線だか駐車位置がどうこう、というクレームでした。
お坊さんはお経を止めなかったものの、遺族が不安そうに振り返っているという状況。
なんとか事態を収拾させようと「あとでお詫びに伺いますから」と
私が言ったものの抗議をやめようとしない。


こちらもちょっと頭に来て
「葬儀を妨害すると刑法188条で罰せられますよ」
と銀縁眼鏡を光らせながら言い返しました。
(えー、銀縁眼鏡はウソです。それから多分間違えて108条って言っちゃった気がする。
さらにこのケースが葬式の妨害に該当するかも不明。基本的にハッタリです。)
そしてオバさんはうなだれてすごすごと・・・ということには全くならずに
最終的にはその式場の管理者が別室に連れて行ってことを収めました。
まー、通夜をしているの分かってどなりこんでくるくらいイタい人だから、
私ごときの説得では引かないんでしょうけど・・・
六法全書

さて刑法第188条第2項には
「説教、礼拝又は葬式を妨害した者は、1年以下の懲役若しくは禁錮又は10万円以下の罰金に処する。」
と記述されています。

私のような経験をした方は少ないかもしれませんが
ダメもとの脅し文句として覚えておかれてはいかがでしょうか。

あんまり効果はなかったわけですが・・・

(追記)
実際私の周りでこの法律が適用された話は全く聞かないのですが
調べてみたらありました。
 葬儀会場で棺を落下させた会社役員を逮捕


<2015年05月12日>記載