先日このようなプレスリリースがありました。

うーん、狙いはなんだろう、
というわけで葬儀屋のM&Aについて思ったことをつらつらと。

(以下、投資や経済に興味のある方はどうぞ)

こころネットさんは石屋さんと互助会さんが合併しJASDAQに上場した企業です。
冠婚葬祭、石材販売、生花、互助会、介護事業などの多角化経営が特徴。
上記の本文中にもあるとおり
「M&Aによるグループの規模拡大、及び企業価値の向上」を成長戦略の一つとしている。
ようです。

そこで投資家向けページを覗くとこんなリリースが

有価証券報告書の読み込みはまた後日として
・ざっくりと葬儀4割、石材3割、婚礼3割
・そして全ての事業が減収減益に陥っている
ようです。

買収された牛久葬儀社さんのデータはこちら
サイト情報が薄いのでよく分かりませんが
売上3億だから年間300件前後の施行を10人ほどでまわしている感じでしょうか。
失礼ながら典型的な先細りの地方の葬儀社に思えます。
葬儀件数の増加という外部環境下で売上を減らしているのは致命的。
件数が伸びてないとコストカットもファイナンスも
うまく効かすことができません。
ほっとくとこの先、赤字コースかと思われます。

ところで、牛久市ってどうなんだろう。
自分のイメージする牛久市って
平野にドーンと牛久大仏が立ってるイメージしかなくて。
(牛久市にお住まいの方、ホントすいません<(_ _)>)
事前にざっくりとリサーチ
死亡人口は650人くらい。
新興住宅地でかすかに人口流入している模様。
葬儀社の状況はこんな感じ
大手互助会が乗り込んできて地域一番店だった牛久葬儀社を
追い詰めているという構図でしょうか。

 
牛久大仏

次回に続きます。


<2015年05月09日>記載