4月にこの業界に飛び込んできた新人さんは
そろそろ最初の壁にぶち当たっている頃かもしれません。

以前
葬儀業界新人の皆さんへ、困った先輩の対処法をお教えします。
という記事を書きましたがその続きです。

ある先輩が影で
「今度入った新人の○○ってちょっと使えないよね」
などと自分のことを言っているのを聞いて
ショックを受けたことはありますかね。
基本的に
新人批判はダメな先輩のレクリエーション
なのでそんな先輩の言うことなんて
気にすることはないです。

ちなみに私が新人の頃(20世紀の話)は、
そんな影で悪口をいう先輩は少なかったですね。
その前に即座に鉄拳が飛んできましたから(^^;)
今は殴る人はもういないでしょうけど
影でとやかく言われるのも
なかなかいやなものですよね。
でも着実にレベルアップすれば
トーンダウンしますから今は目の前の仕事に打ち込んで下さい。 
女性

それから
普段易しいのに
新人教育のときだけ厳しくなるという先輩もいますよね。

好意的に解釈すると
多分根が求道者的なのだと思います。
より良いサービスの高みを目指すタイプ。

多分ね、そういう人が教育係の場合、新人に任すってことは
自分なら80点でできることを、新人が60点でやるのを耐えて見て無くちゃいけない
と言うことになるんですね。
となると、それに耐えられない人もいるわけですよ。

だからね、気にしなくていいです・・・
って言っても気にするよね。
でもその背景を知っていれば、2割ほどは気が楽になるかも、
って主旨でこの記事を書いてみました。


<2015年05月18日>記載