佐々木悦子は自称
葬儀お墓のスペシャリスト。
しかしあまりにも誤った情報発信を行なうので
彼女のことを過去何度か批判しています。
佐々木悦子に関する記事

他人を批判するのは気持ちのいいものではありませんが
最近マスコミが彼女を度々使い始めるようになったのと
彼女の問題点は改善されるどころか悪化しているようなので
ちょっと古い話題ですが改めて採り上げる次第です。

最近
SMAPの中居正広さんのお父様が亡くなられたとのことで
下記のコメントをしていました。
 

上記の番組に関しては私の家の機材の問題で当時録画し損ねたのですが
この番組の放送後、出演していた佐々木悦子がひどいとの評判を、
複数筋から聞きました。

今回の中居さんの報道でまたこの番組のことを思い出し、
どこかに動画がないか探したところ、↓ありました。

確かにこれはヒドイ。

番組内で自宅死亡に関する説明を求められたとき
医者が死亡診断書を書いてくれないので火葬できないケースがあると
のたまうのですが・・・
佐々木悦子
佐々木悦子2

これって変死に関する話じゃなくって
終末医療を病院で受けるか自宅で受けるかって
いう文脈の話でしょう。
普段看取ってもらっていて自宅死亡だったら
医者は死亡診断書を書いてくれますよ。
葬儀屋さんなら当然経験する一連の手続きの実務を
一度もやったことがないのでしょう。
こんな言い方は間違いなく視聴者に誤解を与えます。

佐々木悦子3
佐々木悦子4

そして
ある遺族は医者20人に死亡診断書を書くのを断られて
最終的に無関係な精神科医に書いてもらった
というエピソードを得意げに紹介する。

あのさ、わざわざこんなことする奴って
警察に介入されると困る殺人者の可能性が高いよね。
佐々木悦子はちゃんと通報したの?
人づてに聞いただけの話っていうんなら
そんな視聴者が誤解するようないい加減な情報、
テレビでしゃべるな!
不誠実にもほどがある。 

私が言っていることが間違っているというなら
いつでもコメント欄に反論ください。

佐々木悦子の問題点は
葬儀屋さんならみんな理解している基本的なことを全く理解していないことと
それにもかかわらずテレビでしゃべることのできる特殊性
にあります。

 この番組の救いは
佐々木悦子が「エンディングスペシャリスト」と紹介されたとき
中居さんが
「自分のエンディングはまだ経験してないのに(スペシャリストを名乗るの?)」
とつぶやいたところ。
(実際、自分どころか他人のエンディングもよく分かっていないのですが・・・)

いい仕事をしたと思います。

最後に
これまでの繰り返しになりますがもう一度。
極端な事例、ありえない事例を話す奴を使うと番組が盛り上がるとお考えなのでしょうが 
視聴者に与える悪影響が大きいので
フジテレビをはじめマスメディアは
佐々木悦子を使わないでください。
よろしくお願いします。


<2015年05月26日>記載