今回紹介するのはこの本。

葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な本
葬儀屋と納棺師が語る不謹慎な話

おがたちえ 竹書房 2015-07-30
売り上げランキング : 99110
by ヨメレバ


筆者のおがたちえの経歴はこちら。(アマゾンより)
1974年、宮崎県生まれの主婦漫画家。
短大卒業後、フランス料理店、葬儀屋、編集事務所で働きながら、漫画家を目指す。
オーストラリアに1年間ワーキングホリデーへ行ったあと、結婚&出産。
現在は4コマやエッセイを中心に活躍中。

以下アマゾンで紹介されている目次です。
「閲覧注意」レベルですが・・・ 
現役・納棺師と葬儀屋が教える『おくりびと』では描かれなかった死の現場の真実!!
・腐りかけた遺体のにおいはべったら漬け
・水死体のおなかにびっしり張り付いた貝
・船上結婚式中に発見された水死体
・海水に長期浸っていた遺体はワックス人形
・ウジ虫の成長でわかる死後の日数
・ここでは死ぬな!こたつ&ホットカーペット
・看護師を色仕掛けして仕事をとるイケメン葬儀屋
・消費税アップの前に死んでもらいたい親族たち
・遺骨を宅急便で送るバチあたり遺族
・ヤクザは葬儀で数珠のフサ出し 
・人が焼ける様子を見せる火葬場職員
・決して少なくない葬儀での本妻VS愛人バトル
…など「死」にまつわる話が満載のコミックエッセイ!!

おがたちえ
今すぐ元葬儀屋という経歴を消してくれ。

たとえどんなにくだらない本であったとしても
ちゃんと読んでから批評する、というのは最低限の礼儀である
ということは私も分かっています。

でも今回に限っては、まだ出回っていないと言うこともありますが
読まずに批判します。
 
この「おがたちえ」という作者に
印税が入ると思うと絶対にこの本を買いたくありません。
(実は目次とは違ってちゃんとした内容の本であったなら、
どなたか知らせてください。
謝罪します。絶対そんなことはないでしょうけど)

以前
「まだ元気! 」なアナタのための終活のはじめかた

おがたちえ メディアファクトリー 2013-07-05
売り上げランキング : 478730
by ヨメレバ
という作品が出たときはなかなかいい本だと思っただけに残念です。
 
今回編集に無理矢理押し切られたかもしれませんが
読む側にとってはそんな事情は関係無いです。
小銭ほしさに人を不愉快にする本を出した
という事実が残っただけです。

かつての葬儀屋の同僚に、遺族に、故人に
申し訳ないという気持ちはありますか? 

初めて自分の本を出したときの気持ちを思いだしてみてください。
こんな本を出すのが目標だったのですか。 
もっと違う志があったはずです。
反省してください。


<2015年07月27日>記載