最近は出版不況の中、葬儀本に一定の需要があるため
いろんな人が参入してきます。
そこでこの本。

急なお葬式で困らないQ&Aブック (TJMOOK ふくろうBOOKS)

岩下宣子 宝島社 2015-05-07
売り上げランキング : 54877
by ヨメレバ

筆者はマナー講師である岩下宣子さん。
マナー講師は参列者サイドの知識は豊富ですが
葬儀実務サイドのことには疎いことが多いのです。
そこで何かやらかしているはず、と思い
購入してみたらやはりHIT!
以下、指摘していきます。 
自宅療養中に亡くなったら?
 
主治医を貯んで死亡を確認してもらいます。
主治医が不在なら、歯科や耳鼻科などでもOKです。
(中略)
死亡確認がとれるまでは、遺体に触れるのはNG。
たとえ床に倒れていてもベッドに運ぶなどせず、
そのままの状態にしておきます。

多分この本を読んだ人は近所の歯医者や耳鼻科に死亡確認を依頼して
断られ続けるんだろうなぁ。
確かに法的には歯医者や耳鼻科は死亡診断書を書くことができますが
検案書の場合歯科医はダメらしいです)
実務上は断るでしょう。
死亡認定の責任は負おうとしないはずです。
歯痛や鼻づまりがひどくて死に至った人がいるなら別ですが。

>ベッドに運ぶなどせずそのままの状態にしておきます。
一応救命措置はした方がいいんじゃないか?
歯

病院で亡くなった場合は

ただし死 亡診断書を受け取っていて車に遺体を寝かせるスベースがあれば、
自家用車で搬送することも 可能。
法的にはね。
ただしこの記事でも書きましたが
実際は大変です。

故人と遺族の葬儀の希望はどちらをとるべき?

葬儀は故人の遺志や遺族の意向をもとに決定します。
しかし ときには両者が食い違うこともあります。
(中略)しかし 葬式の主役は故人。
遺族の意向と違っていても故人の遺志を優先します。
こんなの言い切っちゃって大丈夫でしょうか?
個々人の価値感の問題だと思のですが。

葬儀に参加する人数はどうやって予想する?
 
参列者の予想は年賀状が目安
これは古いと思います。
高齢化がすすんでいるため
年賀状は出せても立地的、肉体的に参列ができない人が多いので
最近はあてになりません。
実際目安にしている葬儀屋さんは稀少だと思います。

葬儀は自宅でもできるの?

自宅での葬儀で注意すること
 
準備から片付けまでを自分たちですべて行う
とは限らないです。
多少追加料金は頂くかもしれませんが自宅葬の場合
葬儀屋さんが手伝うことの方が多いと思いますが。

弔事は誰に頼むべき?

ときには弔辞の長さもあわせて伝えるように しましょう 。
また、時間の都合によっては弔辞を割愛する場合があるというのも、
事前に知らせておきます。
(ヾノ・∀・`)ナイナイ
割愛するかもなんてこんな無礼な頼み方されたら相手は絶対怒り出しますよ。
マナー講師失格!

以上はライターがネットで聞きかじったことを書いた記事なのでしょう。
しかし監修という形で名前を貸した以上は
岩下宣子さんの文責ということになりますので
今後ご注意くださいね。


<2015年08月27日>記載