ネットで集客して葬儀屋さんを紹介する会社「小さなお葬式」取締役八田知巳 氏のインタビューが載っていたので
感じたことをつらつらと。
(あ、それから私のブログ記事を盗作した件、謝罪を待っています)

2009年に「小さな火葬式」を始めてからは「葬儀社」になりました。 

これ一般の読者にはよく分からないんじゃないでしょうか。
これまで紹介先の葬儀社に「小さなお葬式から紹介を受けた○○葬儀社です」って名乗らせてたのを
「小さなお葬式です」って名乗らせることにしたってことですよね。
これがなぜ「葬儀社」になったことになるのか、私にはよく分かりません。
葬儀に必要なサービスやモノはすべて含まれているので
「追加料金は発生しません」と言い切っています。
(中略)
参列者にお渡しする返礼品や食事などは、
追加で注文されることが多いんですよ。
これらについては仕方がない部分があります。
 
えーと、つまり、追加料金は発生しているんですよね?

追加分については厳しくチェックしています。
例えば、棺のランクアップとか祭壇のランクアップとか。
葬儀社に「本当にお客さまが希望されたのですか?」と確認します。

葬儀社に確認するんじゃなくて、お客様に確認するべきなんじゃ・・・

しかし「これはおかしい……」というケースがあります。
例えば、明日火葬するのにもかかわらず、
遺体保全をするエンバーミング費用が15万円計上されていることがあります。
当社では「それは必要ない」と判断しているので、
さすが、葬儀の現場に行かない、というだけのことはある思いこみっぷりかと。
明日火葬でもエンバーミングをされるお客さんは普通にいますよ。
日本では遺体保全よりも修復(綺麗な状態にもどす)目的で
エンバーミングを行なう人が多いと思うのですが。
そのエリアから受注があると、
現地の葬儀社に「こういうプランで受けていただけないでしょうか?」
と依頼しなければいけません。
 
事前に紹介先のクオリティを精査していないことをバラしちゃってますが大丈夫でしょうか?

ここからは後編の記事から引用です。

天国で喜んでいる? お葬式の「早割」チケットが売れている 
 
土肥: 互助会(冠婚葬祭互助会)でも同じようなことをしていますよね。
会員になって、毎月5000円くらい払えば、
結婚式やお葬式をあげるときには、積み立てたお金を使える。
八田: ただ、分かりにくいんですよね。
「積立額に応じて葬儀費用を安くしてもらえる」と
思っている人が多いかもしれませんが、
積立金は葬儀費用の一部にしか使えないケースが多いんですよ。
入会する際には、追加費用について詳しい説明はなく、
実際に葬儀を行うときになって
「これは追加料金が必要になります」「これも追加料金が必要になります」
と言われ、“話が違うじゃないか”というケースもあるようです
あのー、あなたたちも互助会の人なんですけど・・・
 (参考記事:週刊ダイヤモンドオンラインの「小さなお葬式」買収報道について
 
土肥: 採点!? どのように?
八田: A社の○○さんの言葉づかいは……、B社の○○さんの対応は……といった感じで採点をして、評価が高い葬儀社については優先的にお声がけさせていただいています。
土肥: なんと!
八田: 評価があまりにも低いところは、問題が起きる可能性が高い。また問題が続くような場合、イエローカードを出すようにしています。それでも問題が続くようでしたらレッドカードを出すようにしています。
広報N: 先日、ある葬儀社へ行ったときに、そこの支配人にこのように言われました。「最近、葬儀の件数が少ないのですが、私たち何かしましたか?」と。その葬儀社の評価はとても高いので、こちらが故意に紹介していないわけではありません。たまたま件数が少なかっただけ。
葬儀の現場に行ってないらしいのでこれはお客様アンケートでの採点ということでしょうか?
しかし「私たち何かしましたか?」って聞かれるってことは
アンケート結果が現場にフィードバックされていないってことなのではないでしょうか?

土肥: お客さんへの対応が悪いって、どういった感じなのでしょうか? 
ヘラヘラ笑っている人なんていないはず。
八田: 具体的なことは言えないのですが、
言えや!
お葬式の場なのでホスピタリティが必要になります。
しかし、その部分に欠けている人がいます。
いや、さらっと言ってますが、
やり直しの効かない葬儀でそんな人に当たった遺族の気持ちを
想像してみてはいかがでしょうか?
 
地域によって葬儀の形はいろいろありますが、
私たちは「考えなくてもいいですよ」とお伝えしているんです。
いや、それもちょっと無責任かと思いますが。

この怖いもの知らずっぷりに
記事を読んでる私の方が恐怖を感じるという理不尽な状況・・・ 
弔電4
まぁインタビュアーの編集も入っているはずなので
言葉尻捉えるのもどうかとも思うわけですが、それも含めて
この無防備感というのはある意味うらやましくもあります。
葬儀現場の人はキーッって感じだと思いますけど。


<2015年08月30日>記載