先日の葬儀サイトの盗作に関する記事のアクセスがなぜか良かったので
盗作関係でもう一本記事を書いてみようかと思います。

先日も述べたように葬儀関係のネット記事はパクリが多いので
もはや一見しただけではどれがオリジナルか分からない状態です。
私の記事を盗作したキャリアパークの記事は現在検索結果で
私の記事より上位に来ています。ひどい話です)
 
今回はその実例の一つを挙げてみます。

例えば 

お香は、抹香(香木を砕いた細かい木片)や、線香を使用します。 抹香の場合は炭の上で燃やし、線香の場合は通常どおり火をつけます。


という偶然の一致はあり得ない長いワードで、Google検索した結果がこれ

出るわ、出るわ、
それにしてもどーでもいいサイトが文章をパクっているならともかく
一部上場企業の葬儀社やら葬儀ライターのサイトも出てきて結構ヤバい感じです。
もちろんどれか一つはオリジナルなんですが
それ以外は全員悪人てことですよね。

さて悪人は誰?
(ちなみに検索結果にヒットしたサイトは全て魚拓を取りました。
今から書き換えるとクロ確定です) 
盗む

ちなみに
グーグルにインデックスされた日付を調べる方法というのがあります。
Googleのインデックス(登録)は高機能化しているので
実際にサイトのページをアップした時期とGoogleがインデックスした時期は
インデックス拒否のコードを埋め込まない限りほとんどずれることがありません。
上記の方法で検索結果の冒頭に表示されている日付が
Googleにページがインデックス(検索結果に登録)された日付。
ということは、一番古いサイトがオリジナルということになるのですが・・・

ただしこれでインデックスされた日付が判明したとしても
昔からあった記事を新しいURLのページに引っ越させた
とか
(可能性は極めて低いけど)著作権をクライアントではなくライターに帰属させていて、
同一ライターが書いた
なども考えられるので最終的な決め手にはならないかも。

個別に確認しようにもこの件において私は被害者ではないですし(著作権は親告罪
これ以上の追求はやめておきますが
WEB製作会社のスタッフが勝手にやったとか
そんな言い訳はもう通用しない時代であるということは
自覚する必要があるでしょう。


<2015年09月15日>記載