これから葬儀の事前相談に行く方や
お葬式の見積書を葬儀屋さんに作ってもらう方に
アドバイス申し上げたいことがあります。

葬儀屋さんの言っていることが分からなかったら
「分からない」と声を上げましょう。

当たり前、って思われるかもしれませんが
実はこれができない方が多いのではないかと思うのです。
遺族より葬儀屋さんの方が年下というケースが多いので、分からないって聞くことが恥ずかしいと思ったり
なんとなくいいかな、と思ってスルーしているケースが頻繁にあると思います。
疑問

こういう事例がありました。
ある時、入社2年目の新人の葬儀担当者が葬儀打合せをするというので
サポートで同席したことがあります。
同席してから分かったのですがその時の喪主様は
アメリカの有名大学院(シリアルの名前が付く)でMBAを取得し
世界的なコンサル会社(Bで始まります)に在籍されたことのある方でした。
打合せ中、その新人が説明しているのを横で聞いていて
「あ、そこは説明が足りない」と思うところが何度かありました。
するとその都度喪主様は
「ちょっと待って。その説明がわからないんだけど」
と的確なタイミングで聞き返したのです。
ちなみにその方はお葬式を経験するのが初めてだったらしいのですが、
こういうことができたのはおそらく
「問題点を見抜く」という能力の他に
「自分の頭脳をもってして分からない、ということは相手の説明が足りない」
という確信を持つことのできる人だったからだと思うのです。

普通の人はここまで確信が持てません。
だからなんとなく分からないところもうやむやにしてしまいます。 

優秀な葬儀屋さんは相手の反応(表情や相づちの間など)を集中して読み取り
非言語的な「分からない」の表明をキャッチして
再度別の言い方で説明を加えたりします。
しかし経験が浅い葬儀屋さんだとこれができません。
ずっとできない不適格者も一定数います。

「分からない」と思ったら
お客様であるあなたが正しいのです。
勇気をもって
「分からない」
と言いましょう。



<2015年11月28日>記載