インテリ文学系のおっさんは
「葬式なんてどうでもいい」
となぜか 言いたがる、
ということを過去に述べてきました。

私が考えるその理由は
彼らは死ぬということにビビっているから。
ビビっているから
葬式なんてどうでもいい
って言うことによって思考停止状態に逃げ込めるし
ビビってなんかいねぇ、と言ってる気分になれる。

だから
「葬式なんてどうでもいい」
と必要以上に言いたがるのです。
Sakaguchi_ango
<Wikipediaより>

最近
坂口安吾の
私の葬式」を読みました。

居た、居た、70年前から(^^;)

私は家人(これは女房ではなくて、愛人である)に言い渡してあるのである。私が死んだら、あなた一人で私の葬式をやり骨の始末をつけなさい。そのあとに、知友に死去を披露して、ドンチャンのバカ騒ぎを一晩やりなさい。あとは誰かと恋をしてたのしく生きて下さい。遺産はみんな差しあげます。お墓なんか、いりません。

またこんなできもしないことを・・・
もうちょっとまじめに考えなさいな。

この当時坂口には妻子がいたわけで、愛人にしてみれば
「あなた一人で私の葬式をやり骨の始末をつけなさい」と言われたところで
いい迷惑だと思います。
言われたのが本妻だとしても、大変なことに変わりはありません。

もちろんどこまで本気でいっているのかは分かりませんが
少なくとも自分は作品を通してそういう考え方の人間であるという意思表明を
しているわけですよね。
(「 あとは誰かと恋をして〜」はやさしさとも取れますが、
僕のことをかまって、という意思表示だと私は解釈しました) 

で、結局坂口が亡くなってどうなったかというと
 葬儀は2月21日に青山斎場で行われ、尾崎士郎、川端康成や佐藤春夫、青野季吉らが弔辞を読む。
 墓は故郷の新潟県新津市大安寺(現・新潟市秋葉区大安寺)の坂口家墓所に葬られた。
ウィキペディアより) 
ほらね。
(↑亡くなった方にこう言うのもちょっと失礼かも知れませんが)

実際はこのような豪華なお葬式になってしまうんです。
有名作家である自分が亡くなるとどうなるかということをリアルに考えていないから
一人で葬式やれ、というできもしないことを宣言したあげく
結局現実的な施策はなにもしないまま最期を迎えてしまうんです。

彼自身の実際の葬られ方は傍目には何の問題もありませんが
もし愛人や妻に上記のことを実生活で本当に言っていたとしたら
彼の言うことを守れなかった、という心の傷を彼女らに残しただけです。
だったら最初から何も言わない方がましだろう、と思うのです。

(その点、坂口同様に家族の迷惑のことはあんまり考えていなかったろうけど
自分の葬式をリアルに考えていたという点において本居宣長はエライなぁと思うのです。
↓くわしくはこちら)

小林秀雄の恵み (新潮文庫)

橋本 治 新潮社 2011-02-26
売り上げランキング : 256381
by ヨメレバ
一方、女性の腹の据わり方は
最期まで凄いなぁと、いつも思うわけですが。

一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い

篠田 桃紅 幻冬舎 2015-04-08
売り上げランキング : 160
by ヨメレバ


<2015年12月14日>記載