ユニクロから、男性がお葬式で着られる服が発売されました。これがすごくいいのでご紹介します。
こちらの記事(ユニクロにお葬式の服を買いに行ってみた)とあわせてどうぞ。

男性のお葬式の服装といえば、上下黒のスーツです。
これを買い求めようとすると
年配の方はスーツ量販店のフォーマルコーナーのいわゆる略礼服
若い方はセレクトショップのブラックスーツになるでしょうか。

このときに問題となるのは
服代÷使用頻度=コストパフォーマンス
です。

基本的に略礼服は弔事と慶事のときしか活躍できません。
ブラックスーツの場合、最近のドレスコードが緩くなったのを受けて
仕事着として取り入れられ始めたとはいえ
自分の職場ではちょっと・・・という方も多いのではないでしょうか。
となるとやっぱり活躍するのは弔事か慶事の時だけとなります。
さらに最近の結婚式の服装はブラックスーツ一辺倒から脱却していることから
実際はもっと略礼服やブラックスーツの出番は少なくなります。

略礼服のレンタルサービスもありますが1回の使用につき15,000円くらいかかるので
割高です。

となると略礼服やブラックスーツは
できるだけ安物を購入して済ませようという方も多いと思います。

ただ頭が痛いのは
お葬式の服装って品質の善し悪しがあらわになる
という点なんです。
シャツを除いて全身が黒のため(つまり色や模様という視覚要素が無いため)
シルエットと服地の素材のみに目がいってしまうんですね。
さらにみんな同じ服装の人が並ぶので、比較されやすいのです。

そのためシルエットがヘン(ウエストの絞りが合っていない、着丈が短い、だきじわ、つきじわがある)だったり
安い素材だったりするとその粗(あら)がはっきりわかってしまうのです。

そうなると安くてそこそこ良い素材のものということになるのですが
そんなうまい話は無いのが世の常。 
結構困った方も多いのではないでしょうか。
スーツ2016年2月4日

でこの度ユニクロから
ブラックの上下のスーツが発売されました。
 
ユニクロ|あなたのジャストフィットがつくれるストレッチウールジャケット|MEN(メンズ)|

上着部分はパターンオーダーになっているので
特殊体型の方にも対応可能になっています。
ベースはナチュラルなデザインなのであまり流行の影響は受けないでしょう。
スリムとレギュラーがありますがレギュラーの方が長く着られると思います。 
素材もスーパー110なので
高級感があり、かつ傷まない普段使いのできるものです。
採寸を店舗でやって、カードに書かれた数値をネットで入力するという仕組みに関して
面倒という人もいるかもしれませんが、
フィッティングの良さを考えると実際に計ってもらった方が良いでしょう。
このジャケットと同色の黒のパンツを併せて
補正代2,000円入れても上下揃えて20,890円(+税)です。
多分他社では無理なクオリティですね。

これからほとんどの男性の葬儀の服装はユニクロ一択で良いんではないでしょうか。

(ユニクロの服が売れても私には一円も入ってきませんので
そんなにほめてもしょうがないんですが(^^;)
助かる人が多いだろうと思ったので紹介しました。)

追記
ちなみに葬儀のシャツ(色は白、襟はレギュラー)のおすすめはこちら
(参考記事:葬儀の現場で着るシャツはこれ
葬儀の靴(色は黒、内羽のストレートチップ)のおすすめはこちら
(このシャツと靴は実際に私が普段葬儀の現場で愛用しています)

追記その2

ちなみに私がお葬式に参列するときに来ているのは
7年ほど前に買ったユナイテッドアローズのブラックスーツです。
(お葬式の担当者の時は会社の制服を着ています)
当時10万円をちょっと越えていたかと思うのですが
参列先で私が葬儀屋さんということを知っている人にも出会うことを考えて
お葬式のプロなのだからやっぱりそれなりのものを、
ということで奮発しました。
ロロピアーナのフォーシーズンズの服地を使っていて、背抜きなので
季節に関わらず通年着られます。
イタリア製のクラシックなデザインだったので、
7年経った今でも違和感なく使えます。
欠点はイタリアものにたまに見られる縫製の雑さ。
アームホールがほつれてきたのと
袖裏のほつれがあったので計2回お直しに出しました。
ユナイテッドアローズといえどもイタリアものには意外とありがち。
今回紹介したユニクロ商品はおそらくアジア製だと思いますが
ユニクロの品質管理を経ていることを考えると 
縫製のチェックはちゃんとしていると思います。


<2016年02月04日>記載