先日私の記事でネット炎上がありました。
私の記事「が」炎上、ではありません。念のため。
 
ITスキルの高い方はざっと調べてもらえればお分かりになると思うのですが
そうでない方のために経緯を説明しておきます。
炎1

そもそも事の発端は去年11月に書いたこの記事。

罠にはめられて「小さなお葬式」の記事を削除された件 

この記事を書いたときは「こんなことが許されるの?」という警鐘を鳴らそうと思ったのですが
私のブログ程度ではそれほど広まりませんでした。

先日手段は違えど同じようなページ削除被害に言及した記事を見つけたのでつぶやいたところ
そのブログ管理人の方につぶやいて頂いて
一気にはてなブックマークツィッターで拡散。

私の記事にアクセスが集まりました。(二日間で約5万PV)
読んで頂いた方によって意識的に私の記事にブックマークを貼っていただいたり、
これはひどいと共感していただいたり。
うれしかったです。ありがとうございます。

ただ話はここで終わらず・・・

そもそも私が一度削除されることになった記事を書いたのは
を見たからなのですが
前述のブログ管理人の方がそのページのみnonindex設定であることを発見。
 
nonindexとは・・・Googleはあらゆるサイトを巡回して
そのサイトを検索結果に反映しようとしているのですが
そのサイト内ページのコードにnonindexを入れておくと
グーグルの検索結果に反映されなくなるのです。
つまり「小さなお葬式」で検索しても
そのネガティブな内容のレビューページは検索結果に上がってこない、
つまり人目に触れづらくなる、という状態になっていたわけですね。
他の価格.comのページにはその設定がされていないようなので
価格.com側が意図的にネガティブコメントを検索結果に出さないようにしているのでは・・・
というわけで
価格.comの信頼性を揺るがす事態になりさらに大炎上に。
この価格.comの件と私の記事削除から、何か意図的な黒い力が働いているのでは
ということを推察する書き込みも多くありました。

価格.comも「葬儀社紹介業の紹介」に手を出したばっかりに・・・
(参考記事:価格.comの憂鬱

私としては軽く小石を投げたつもりだったのに火花が火薬庫に引火したみたいです。
ネットの力を見せつけられた二日間でした。

(追記)
2016年3月8日号のSPAのひろゆき氏(元2ch管理人)の連載(ネット炎上観察日記)で
この件が取り上げられていました。
ひろゆき氏のことを日本一の論客だと尊敬しているのでちょっとうれしい。




 


<2016年02月17日>記載