今日(2016年3月1日)から新卒向けの就職情報が本格的にリリースされましたね。
葬儀社の求人状況をちょっとのぞいてみると

(↑企業検索で「葬儀」って入れてみてください)


のエントリーですね。

サイト登録もなんだかんだで200万円以上かかるらしいということと
学生はほぼ両方を見るから、
どちらにもエントリーしている葬儀社はほとんどいないみたい。
ということは新卒採用を考えている葬儀社及び周辺産業は200社弱ってことですかね。
まぁ葬儀社数でいうと全体の4%くらいの比率ですが、
おそらく売上規模でいうとほぼ上位5%クラスに属する企業群のようです。

それにしても
葬儀業界も新卒採用が定着しましたね。
3月の時点で会社説明会フツーにやるみたいですし。

テレビ局なんかと違ってこの業界は
ひやかしで受ける人が少ないのはいいんですけど、
そもそも母集団が薄いのが悩み。
特に女子よりも男子。
あとこの記事でも書きましたけど
(参考記事: 葬儀屋と学歴
MARCHクラス来てくれませんかねぇ。
採用活動
さて葬儀業界ちょっとでも興味のある方へ。
それで興味持ったら↓このカテゴリ−記事
葬儀業界就職希望者向けの内容
読んでみてください。

どの葬儀社がいいか分かりづらいかもしれませんが
とりあえず企業規模の大きいところから受けてみて下さい。

あと細かいテクニックだけど4月〜5月くらいに
「他の葬儀社を受けていますか?」って面接で聞かれたら
「はい今度○○(←そこよりも企業規模が大きい会社)の2次面接受けます」
ってハッタリかました方がいいかも。
そうなると採用担当者は、俄然あなたのことを欲しくなると思います。
葬儀業界の採用担当者って基本的に節穴で
横のつながりがないからバレづらい(^^;)

あと互助会さんの採用システムは会社によって違うんだろうけど
冠婚部門と葬祭部門を一括で取っているところは
たとえ冠婚部門に行きたくても面接では
「葬祭部門行きたいです」
って言った方が通りやすいと思う。
配属なんて入社してからの話ですから。
葬儀屋の人事なんていい加減なんだから。

というわけで。

「就活は終活業界で!」

まぁ、今日はこれが言いたかったんだけどね。
こんな日もあるさ。
(-o-)y-..oO○ 


<2016年03月01日>記載