考える葬儀屋さんのブログ

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。 葬儀費用が心配な方、 お葬式のマナーを知りたい方、 葬儀社への就職を考えている方、 エンディングノートに興味のある方など 是非お立ち寄りください

2010年01月の記事

以前葬儀社のホームページは質量ともに不十分であるという記事を書きました。その内容に関連して興味深い葬儀社のサイトを見つけたので、紹介します。Googleで「葬儀屋」と検索すると現在(2010年1月30日)検索順位トップはこちらのサイトです。家族葬のグローバルケアGoogle ...

母が亡くなったときも父が亡くなったときも、とても寒い季節でした。私の実家では、通夜の翌朝、つまり葬儀の直前に火葬するという習慣のため、お葬式の日はまだ真っ暗な時間に起床します。目覚めた瞬間に、寒さと、逃げられない現実に引き戻されたせいで、もう本当に指一本 ...

最近葬儀業界におけるマスコミ報道とメディアリテラシーについて述べていますが、本日はイオンのお葬式について考えてみます。イオンの葬儀に関してはエンディングデザインコンサルタント・柴田さんの大手スーパーの葬儀屋さんというすぐれた記事があるので、私が発言する必 ...

musician's musician(ミュージシャンズ・ミュージシャン)という言葉があります。プロの音楽家に評価されている音楽家のことです。なんかプロ中のプロって感じがしてカッコイイですよね。(私のイメージするミュージシャンズ・ミュージシャンは、アランパーソンズかな。)と ...

ところで「ドライアイス」は商標登録されている商品名だって御存じだったでしょうか。私のPCに入っているATOK(単語変換ソフト)が教えてくれました。商標登録されているということは一般名称ではなく特定の企業の商品につけられた商品名ということです。たとえば「宅 ...

ドライアイスの当て方で、その葬儀屋のレベルが分かるという話です。「さきほど、病院の葬儀屋さんに故人を自宅まで運んでもらったんだけど、お葬式の施行はお宅に頼みたいから来てくれないか?」というお電話をご遺族からいただくことがあります。病院から自宅への御遺体の ...

葬儀費用の抑え方(基本編) の続きです。火葬するまで御遺体の状態を保つための手段は主に以下の3つです。1.エンバーミングを行う2.保冷施設に安置する3.ドライアイスを使う1と2は特別な施設が必要なのでやはり御遺体の状態を保つための一般的な手段はまだまだドラ ...

今回紹介する本はこちら。 へーっ、そうなんだ、と思わされる記述がたくさんあり、面白く読めました。ただ残念なのは、紹介している学説の出典が全く示されていない点でしょう。出典がないと、せっかくおもしろい説を紹介しているのに、本当なのかどうか鵜呑(うの)みにでき ...

・お通夜は何時から始まって何時まで行うのか・焼香したい参列者は何時までに式場に行けばいいのかという話です。「通夜 時間」というワードで検索する方が意外と多いのでこのページ(通夜の時間)がヒットしているようです。しかし上記の検索ワードで検索する方は恐らく、 ...

今回紹介する本はこちら。 この間こんな文章を書きました。(参照ページ:遺書)死が間近に迫った方の手記は、何冊かよみましたけど、この本の筆者の言葉は重く響きます。おそらく筆者と私の経歴に、一部共通点があるからでしょう。他人事っていう気がしないのです。この本の ...

↑このページのトップヘ