考える葬儀屋さんのブログ

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。 葬儀費用が心配な方、 お葬式のマナーを知りたい方、 葬儀社への就職を考えている方、 エンディングノートに興味のある方など 是非お立ち寄りください

2010年06月の記事

今回紹介するのはこちらの本神田昌典氏の「口コミ伝染病」いまどき神田昌典氏の書評を書くのもちょっと恥ずかしいのですが(^^;)葬祭業に関して述べている部分があったので、ちょっとからんで見たいと思います。さてこの本で述べられているのは以下の内容。・商品を売るには口 ...

前々回(競合他社と仕事を取り合ったとき)書き忘れたことが2点。競合他社と争っているときは、ご遺族に対して「当社にご依頼いただけなくても良いので、分からないこと不安なことはなんでも聞いてください」というアドボカシーマーケティング的アプローチを行っています。そ ...

前回の記事「競合他社と仕事を取り合ったとき2」の追記です。「とにかく安くというレベルの価格競争にはつきあわず、品質をアピールする方針にシフト」するタイミングについて補足します。確かにタイミングの見極めは難しいです。葬儀費用の高価格戦略 で述べたように消費者 ...

前回の記事「競合他社と仕事を取り合ったとき」は「数万円安かったから、なんていう理由で(あんまり評判の良くない)他社に持って行かれることも多いんですよね(>_<)」という文章で閉めました。質を理由に競合他社に負けることはないのですが、金額を理由に負ける(他社の方 ...

ここ数年、身内が亡くなられてから、複数の葬儀屋さんを選ぶ方が増えてきましたね。事前に葬儀屋さんを決めておくのがベストですが急逝される場合などもありますから、亡くなってから葬儀屋さんを選ぶのもベターな方法だと思います。そうなると、葬儀屋さんは故人を御安置し ...

1年ほど前に申し込んでおいたDMOZに、このブログが掲載されていることに今日気づきました。(DMOZの説明はこちら)このブログの掲載ページDMOZのエディターの方、ありがとうございます。あきらめていただけに、うれしさも倍増(^o^) ...

今回ご紹介する本はこちらです。松下幸之助「商売心得帖」今から40年ほど前に書かれた本ですが、商売に関する本質的なことがわかりやすい言葉で(とくに日本人に響く言葉で)語られています。結局、現代において巷(ちまた)にあふれるビジネス本が言っていることは、もうす ...

落語で、双方の会話は問題なく続いているのに、お互いが全く別のものを想像しているっていう構造が笑いを生む咄(はなし)ってありますよね。葬儀屋さんと御遺族との会話でも同じ状況が起こります。この場合は笑いではなくトラブルを生んでしまうのですが・・・打合せの際、 ...

↑このページのトップヘ