考える葬儀屋さんのブログ

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。 葬儀費用が心配な方、 お葬式のマナーを知りたい方、 葬儀社への就職を考えている方、 エンディングノートに興味のある方など 是非お立ち寄りください

2010年10月の記事

今回ご紹介する本は 新・冠婚葬祭入門・・・野村沙知代新・冠婚葬祭入門・・・野村沙知代新・冠婚葬祭入門・・・野村沙知代工工エエェェ∑(゚◇゚ノ)ノェェエエ工工最初同姓同名の他人かと本気で思いました。でも本人です。野村元監督の奥さん。ツッコミも当たり前すぎると口に ...

前回(お金がないから葬儀はできない、は本当か)から引き続き人口統計と葬儀業界に関するお話しをします。先日求人情報誌で互助会さんの求人広告を見つけました。「40代の女性が中心となって活躍している職場です」のリード文が載っています。この互助会さんはいわゆるアラ ...

世間が不景気だからしょうがない、と価格競争に参戦してしまった葬儀屋さんは多いと思います。前回 をご紹介しましたがこの本と この本のデータをもとにちょっと考えてみたことを(宗教と社会性の問題は一旦横に置いといて費用の問題に絞って)述べてみます。平成19年度の日 ...

今日ご紹介する本は最新の経済と政治のニュースが世界一わかる本!このシリーズはずっと読んできましたが、今回が一番おもしろいです。内容を要約すると・・・いまの日本の不景気の原因は個人資産を持っている世代(高齢者)が、老後が心配でお金を使わなくなった結果、需要不 ...

太平洋のミクロネシア連邦にあるヤップ島ではかつてお金は大きな石でした。石がお金って原始的、と思われるかもしれません。しかし、お金としての仕組みは実は先進国と全く同じです。モノだと持ち運びや交換の際不便なので人々は硬貨(金貨・銀貨・銅貨など)を使うようにな ...

先日、私の伯父(父の兄)と伯母(伯父の妻)が眠っている天王寺にある一心寺の墓参りに行ってきました。(画像は一心寺ホームページより)先日ちょこっと紹介したお墓は、要らない (学研新書)でも詳しく紹介されていますが、この一心寺はお骨佛で有名。お骨佛とは、納骨希望 ...

お墓に関する私の思い出というのは母が亡くなった直後から半年間、学校が終わってから毎日墓参りに行っていたことでしょうか。当時亡くなってからの供養って意味ないよなと思いつつ、唯物主義は絶望から自分を救うためには何の役にも立たたずただ墓前に通う日々でした。他に ...

ここ三ヶ月で「お墓不要本」が相次いで出版。 ルーツはこれか?多分、違う。(^^;) でもかつて墓はいらないと宣言することは ハードボイルドなことだったんでしょう。 上記の本の中では 高橋繁行氏の「お墓はいらない」しか読んでいません。 この本の中で述べられている 「 ...

自分の営業エリアは東京都下なんですが、基本的に依頼を受ければどこにでも行きます。例えば、神奈川・埼玉・千葉など。そんなとき困ってしまうのが、打合せの時、お客様から・忌中紙が欲しい・(式場を記載するなど)カスタマイズした訃報通知がほしいなどという御要望のあ ...

いろんなブロガーさんがおすすめしているので、今さらなのですがお父さん、「葬式はいらない」って言わないで (小学館101新書) 橋爪 謙一郎グリーフワークとしての葬儀の役割は断片的に今まで何度も語られてきましたけどちゃんと真正面にすえて、1冊の本にしたという意義は大 ...

↑このページのトップヘ