映画はあまり見なかったのですが
最近アマゾンプライムに入会したため
見る頻度が増えました。
(余談ですがTUTAYAがここ数年こっそりクレジットカードを有料化したり
取引先に個人情報を流していたのに憤慨していたので、
アマゾンプライムに入会と同時に速攻でTUTAYAを解約しました)

そして映画の中でお葬式のシーンがあるとやはり職業柄
そこに目が行ってしまうわけですね。
特に国内外問わずマフィアものは葬儀のシーンが必須です。

今回取り上げるのは
ゴッドファーザー機銑
 

ゴッドファーザーPart
by カエレバ
この映画は
ゴッドファーザーことドンコルネオーネが
疎遠になっていたある知り合いの男から
娘の暴行相手の殺害を頼まれるシーンかから始まります。

この男の職業は後ほど判明します。
長男のソニーが銃で殺害された直後に
ドンコルネオーネがソニーの遺体をその男のところに持ち込み
遺体の修復を頼むところで(2時間02分のあたり)
この男が葬儀屋であることが明らかになります。
ゴッドファーザーキャプチャ
 (時代設定が1950年代なのでこれがエンバーミングの依頼かどうかは不明なのですが)

ここでこの男が葬儀屋であることが明らかになる構成はうまいと思います。
冒頭の陳情のシーンは、長女コニーの結婚式の最中に行われていました。
結婚式の裏で葬祭の男が殺害依頼をしているという対比にすることで
一層の禍々しさというか、ダークサイドを生きなければならない彼らの運命を
象徴しているのではないかと思うのです。

次にドンコルネオーネの葬儀のシーンで
参列者が墓前で献花するシーンがあります。(2時間34分のあたり)
ゴッドファーザー献花
花の供え方がまるでゴミ箱に捨てるような感じで行われていました。
供え方で敵味方を描き分けているのかと思いましたが、そうでもないようです。
そもそもあちらの人は日本人ほど供え方は気にしないのかもしれません。

ちなみにこの葬式のシーンでは
マイケルがイスから立ち上がったとき(2時間35分10秒)
画面右に女性の顔が写りこみます。
これが幽霊だと話題になったらしいです。

ゴッドファーザーPart
by カエレバ
兇遼粗はシシリア島での葬列のシーンで始まります。
やっぱりというか十字架に磔(はりつけ)られたキリストの像をかかげるんですね。
(もちろん日本の映画でも
この葬儀の演出がおかしいということが結構あるので
外国の映画の葬儀シーンを鵜呑みにするのは危険です。
しかしこの映画はカソリック教徒であることが物語の重要なファクターになっているので
監督のコッポラは葬儀のシーンをちゃんと現実に即して創っているはずです。) 

途中マイケルのお母さんが納棺されているシーンがあるのですが(2時間51分)
ゴッドファーザー暁軸
 
Wikipediaによると
終盤、マイケル達の母親カルメラ・コルレオーネが亡くなり棺桶に入っているシーンがあるが、実はこのシーンで彼女の役を演じていたのはそれまでのモーガナ・キングではない。シチリア人にとって死後以外に棺桶に入ることは縁起が悪いこととされているので、拒否したとのこと。
と書かれています。 
このての縁起担ぎは日本人特有のものだと思っていたので
(日本の場合、長生きするっていう地方もあるようですが)
ちょっと意外。

ゴッドファーザー
by カエレバ
教会のシーンは多いのですが葬儀のシーンはありません。
ただこの映画でローマ法王ヨハネパウロ祇い遼纏Φ刃を知りました。
よくまぁ、暴動起きなかったもんだと思います。
 
アマゾンプライムなら全て無料ですので
この機会にどうぞご覧になってみてください。


<2016年04月07日>記載