今回ご紹介する本は
ここ数年で読んだ宗教関係書籍のなかではベスト。
日本人に「宗教」は要らない (ベスト新書)

ネルケ無方 ベストセラーズ 2014-02-08
売り上げランキング : 123809
by ヨメレバ

<アマゾンの解説より>
日本には宗教間の対立がほとんどない。仏教と神道が争うことはない。いまの日本人はキリスト教を否定しない。西洋人が、日本人から大いに見習うべき点は、ここだろう。そして、日本人は無意識のうちに、日常生活の中で「禅」の教えを実践している。だから、日本人に「宗教」は要らない…。曹洞宗の住職であり、元キリスト教徒(プロテスタント)の著者が、日本と欧米社会を比較しながら、「日本人の宗教観」について考察する一冊

著者のプロフィールは
ネルケ無方(ねるけ・むほう)
禅僧。曹洞宗「安泰寺」堂頭(住職)。
ベルリン自由大学日本学科・哲学科修士課程終了。
1968年、ドイツ・ベルリンの牧師を祖父に持つ家庭に生まれる。
16歳で坐禅と出合い、1990年来日。兵庫県にある安泰寺に上山し、半年間修行生活に参加。
1993年出家得度。「ホームレス雲水」を経て、2002年より現職。(以下略)

このところ「日本人と無宗教」について述べていましたが
(参考記事:江戸時代以前の日本人はみんな無宗教だった、という話
     温厚な日本人がなぜ仏像を壊しまくったのか? )
この筆者のいうことに大変共感できました。

最終的に禅寺の住職になったことからも
日本人にシンパシーを強く持っている立場には違いないのですが
比較文化論の視点で日本人の宗教観を客観的に分析しています。
本質を浮かび上がらせる最も有効な方法は
外部との差異を比較することだと思います。
その意味で筆者の独特なプロフィールとそこから生まれる視点は
武器になっています。
日本人に宗教はいらないキャプチャ

一番「そうそう、そうなんだよ」と膝を打ったのはこの部分。(22ページ)
宗教にこだわりすぎている人には、本当の宗教心がない。
宗教が必要だと強く主張する人には、宗教心が足りない。
宗教心が本当に自分の中にあふれていれば、
宗教を問題にする必要がないからだ。
日本人にとっての宗教は、
空気を吸って吐くように自然なものではないだろうか。
宗教心があふれているからこそ、無宗教に見える。
だから、他宗教に対して寛容にもなれるし、
宗教を理由に他人を否定する必要もない。
宗教に無関心である日本人は、
最も宗教的な人々だと私は思う。 
一神教文化圏の人から
日本では多くの人が「無宗教」なんて信じられない、とよく言われます。
いやいや、そうじゃないんだよ、だけどなんて説明したらいいだろう
というモヤモヤした気持ちを持っている日本人は多いはず。
著者はその日本人独特の宗教的な感覚を
的確に言語化してくれていると思います。
聖書を読み込むことで神を内在化させる文化とは
また違うのだよ、てね。

宗教に優劣は無いと思います。
しかしこれまでキリスト教文化圏には絶対的信仰をバックボーンにした優越感がありました。

欧米人にとって「無宗教」は
社会秩序を外れる、それこそout of order的な扱いです。
無宗教を意味するirreligionはimpiety不敬という意味で使われることもあるくらいです。

そのため日本人が自国の宗教文化を語るときにはある種の劣等感がありました。
しかしこの本で著者が言っていることは
そんな劣等感とは無縁で
「感覚的に」凄く腑に落ちます。 

我々日本人は仏教・儒教・神道が混じり合った空間をふわふわ漂っている状態。
三者と等距離であったりちょっとどれかの距離が近くなったり個人差はあるけれども。
二つとも捨てて一つを選ぶことはしない。
というか三者とも結構混じり合っているので純粋に一つにくっつくことができないのかも。
この漂っている状態を欧米人に対して説明する言葉が今はなく
irreligionかno religionでしか表現できないのが問題。
だから今後は
multi religion
と表現しましょうか・・・って誰に言ってんだろ(^^;)

最後にもう一度、
この本お勧めです
と申し上げて終わります。 


<2016年04月13日>記載