考える葬儀屋さんのブログ

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。 葬儀費用が心配な方、 お葬式のマナーを知りたい方、 葬儀社への就職を考えている方、 エンディングノートに興味のある方など 是非お立ち寄りください

2012年03月の記事

○業界内転職の中途採用の際はモラルを重視します。モラルってなんだよ、って思われるかもしれませんが、葬儀業界内の方なら分かっていただけるかと。稼げりゃいい、ってもんではなくて。そのために私がぶつける質問はこんな感じ。「お葬式は必要だと思いますか」「それはな ...

葬儀屋さんの面接と採用について述べています。○機転がきくこと現場上がりの面接官で機転がきくことを重視する人は多いですね。もしかするとエントリーシートを見ないでやたらと突飛で意表を突いた質問を続けることがあるかもしれませんね。私はそのやり方を評価しません。 ...

○シンプルな採用方法私の同僚の一人が雑談の最中「採用面接なんかしないで、いまからビックマック買ってこい、って言って、2番目に早く買ってきた奴を採用すればいい」と言いました。名言だと思います。葬儀の現場は、何が起こるか分からない、理屈よりもリアリズムが支配す ...

○コミュニケーション能力コミュニケーション能力も当然見ます。しかし求めているのは流暢(りゅうちょう)にしゃべる能力ではありません。当意即妙な受け答えができればそれにこしたことはありませんが、人生のターニングポイントの一つである面接で緊張して普段通りにうま ...

⑤面接のポイントさて面接官が、というか私が一番見ているのは「タフか?」ということです。メンタル面と肉体面、両方に関してです。この業界で一番多い失敗は、「教育という投資」を1〜2年かけて行ったにもかかわらず辞められてしまうことです。これはダメージが大きいで ...

葬儀屋さんの「面接と採用」について述べています。○自己分析・適正分析さて新卒採用の学生の方は、葬儀屋さんとしての自分の適正分析を全部間違えているというのが面接する側の私の前提条件です。他の業種でも学生側の予想と、現実の実務とのずれというのは存在します。し ...

葬儀屋さんの「面接と採用」について述べています。○履歴書履歴書で誤字脱字のある人は、かなりの減点です。きっと礼状や発注の失敗をやらかすと、思われるからです。○学歴のことさて学歴をどの程度考慮するかという問題です。実際はあまり気にしないことがほとんどです。 ...

今朝(3月12日)グーグルアナリティクス(サイトのアクセス数などを教えてくれるプログラム)をみるとこのブログの3月11日のアクセス数が、通常よりも1,000件ほど多くなっていました。調べてみるとアクセスの増分はほとんど「ご冥福」の単語検索からのアクセスで ...

○面接官の心構えさて面接と採用を経験した方ならお分かりかと思いますが、一般論として面接と採用は難しい。職種が葬儀担当スタッフなら、さらに難しい。一人の採用枠に10人の応募があったとして、下位5人を外すのは、ほとんどの面接官ができると思います。ちょっと、こ ...

「葬儀屋さんの面接と採用について」のお話しです。 このブログでも葬儀屋さんの面接と採用についての記事を 何本か 書いたことがあります。  それからさらに考えたことが、たまりましたのでアップします。 家族経営の零細企業の多い葬儀業界で最も多く行われている面接 ...

↑このページのトップヘ