考える葬儀屋さんのブログ

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。 葬儀費用が心配な方、 お葬式のマナーを知りたい方、 葬儀社への就職を考えている方、 エンディングノートに興味のある方など 是非お立ち寄りください

2012年12月の記事

「自分のための終活ブック」という本が出ました。エンディングノート、遺言、遺影……自分のための終活ブック―これで間に合う、自分らしい最期の迎え方準備、三冊セットposted with ヨメレバ主婦の友社 主婦の友社 2012-11-28 Amazon楽天ブックス①エンディングノート② ...

この10年間で葬儀業界とそれを取り巻く環境は激変しました。それにも関わらず、10年前と変わっていない葬儀屋さんはたくさんいます。もしかすると「変わっていない」葬儀屋さんの方が多いのでは?と私なんか思ってます。 確かに他の業界なら変わることに恐怖を感じる人はた ...

先日読者の方から以下のご質問をいただきました。「わたしは、ヤフー知恵袋を利用しているのですが、「葬儀カテ」の中で、遺骨の取り扱いについて、よく出てきます。 それが、よくわかりませんので、ご教授いただけたらと思います。 わたしは群馬県に住んでいます。火葬後 ...

先日このブログの月間アクセス(訪問)数が50,000人を突破しました。(グーグルアナリティクス調べ)アクセスいただいた皆様、本当にありがとうございます<(_ _)>40,000人突破からあまり時間を置かずに50,000人を突破できたのは集客用の記事を増やしたからです。先月、先々月と ...

 先日NHKのクローズアップ現代という番組で「お葬式が出せないどうする“葬送の場”」というタイトルで火葬炉の不足問題が取り上げられていました。その感想です。このままいけば都内の火葬場が不足するのは以前から関係者の間では自明のことでした。人口問題と一緒です。  ...

きっとこれツッこまれるのをまっているんだと思ったのでわざわざ釣られてみました。今日ヒマだったんで(^^;)流通ジャーナリスト 金子哲雄氏の葬儀費用とは・・・ プロに聞く!有名人の葬儀費用予測おそらくサーっと読んでしまうと、何をいってんのかさっぱり分からないと思 ...

自分自身の防備録を兼ねて、葬儀セミナー講師をするためのポイントについて述べてみます。 たまーに競合他社が開催する一般の葬儀セミナーに参加することがあります。そこで思うのが「良かった。みんないまいちだ」(ええ、今日は上から目線です。(^^;)) 多分↓こんな感じ ...

今回ご紹介するのはこの本。「冠・婚・葬・祭」中島京子冠・婚・葬・祭 (ちくま文庫) posted with ヨメレバ中島 京子 筑摩書房 2010-09 Amazon楽天ブックス著者は2010年に直木賞を受賞されているらしい。失礼ながら全然存じ上げませんでした。「文学賞メッタ斬り」シリー ...

最近こんな本を読みました。女たちのお葬式posted with ヨメレバNPO法人 葬送を考える市民の会 太田出版 2012-10-20 Amazon楽天ブックス札幌のNPO法人「葬送を考える市民の会」の活動をまとめた本。この本を通してこういった活動について考えてみたいと思います。 (前書 ...

↑このページのトップヘ