考える葬儀屋さんのブログ

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。 葬儀費用が心配な方、 お葬式のマナーを知りたい方、 葬儀社への就職を考えている方、 エンディングノートに興味のある方など 是非お立ち寄りください

2013年05月の記事

タイトル見てブラックに決まってんじゃん、という声が聞こえてきそうですが(^^;)先日こんな記事が 新卒離職率が低い、ホワイト企業トップ300 (東洋経済オンライン) - Yahoo!ニュース さてブラック企業の定義はこんな感じブラック企業(ウィキペディアより)ざっくりと言 ...

このところ葬儀屋さんの「差別」ネタが続いていますがもう少しおつきあいを。葬儀屋さんて体力教養倫理観において一般人の平均値を上回っていなければいけないと思うのです。体力に関しては以前の記事(葬儀屋に必要な能力)で書きましたが、教養と倫理観になぜ秀でていなけ ...

先日こんなブログ記事を見つけました。 過疎化と老齢化と葬儀社の品位 | ネパール評論 Nepal Review 2ちゃんねるの書き込みなら無視するレベルですがお書きになったのは谷川昌幸という方で、ネパール学術研究開発センター顧問,長崎大学元教授という肩書きをお持ちのよう ...

以前火葬場職員と心付けについて という記事を書きました。で、先日の産経新聞のニュースから心付けの受領「免職重すぎ」 大阪市元職員の処分取消まだ判例データベースに情報がアップされていないので、詳しい内容は報道から推測するほかないのですが葬儀業者から「心付け ...

今回ご紹介する本はこちら。日本のお葬式はどう変わったか: お葬式の今までとこれから日本のお葬式はどう変わったか: お葬式の今までとこれからposted with ヨメレバ中田 ひとみ 彩流社 2013-03-21 AmazonKindle楽天ブックス著者が自身と同世代(30代〜40代)、つまりそろ ...

最近葬儀費用、特に香典に関して関する詭弁(きべん)を弄(ろう)する葬儀屋が増殖中のようです。ちょっと釘をさしておこうと思います。その詭弁というのは「家族葬ではなく外部からも参列者を呼ぶお葬式にすると香典による収入が増えるので 充分な蓄えが無くてもお葬式がで ...

今回ご紹介する本はこちら。ビジネスマンのための「行動観察」入門 ビジネスマンのための「行動観察」入門 (講談社現代新書)posted with ヨメレバ松波 晴人 講談社 2011-10-18 AmazonKindle楽天ブックス(アマゾンの解説より引用)日本の「行動観察」の第一人者として東 ...

ふと見つけた神奈川県の消費者生活センターのサイトの相談事例から。お葬式のトラブルについて 「先日、父が亡くなった。生前、故人が自分で葬儀社に相談し、2カ月前に見積もりを取ったときは50万円であったが、亡くなった日に改めて見積もりを取ったら96万円となって ...

新人の皆さんへ、困った先輩の対処法をお教えします。さて4月から葬儀業界に飛び込んだ新人のみなさん。いかがお過ごしでしょうか。ところでこんな困った先輩はいませんか?①よそよそしい先輩仕事に一緒に連れて行ってくれない、とか挨拶しても返事もそこそこで、ましてや向 ...

↑このページのトップヘ