考える葬儀屋さんのブログ

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。 葬儀費用が心配な方、 お葬式のマナーを知りたい方、 葬儀社への就職を考えている方、 エンディングノートに興味のある方など 是非お立ち寄りください

2014年04月の記事

今日ご紹介するのはこの本。王様の葬儀店 (花とゆめCOMICS) 八島時 白泉社 2013-12-05 売り上げランキング : Amazonで最安値を探すKindleで最安値を探す楽天ブックスで最安値を探す by ヨメレバはい、大体想 ...

初見の方向けに解説すると 「小さなお葬式」というのは、 ネットで集客して、葬儀業務を全国の葬儀社に代行させるというブローカー的な活動を 行なっている会社です。要約すると小さなお葬式にボッタくられたというもの。 ...

以下の話は私の断片的な知識をつないで考えたことなので、いろいろ抜けが有るかもしれません。もしくはすでに同じことを考えた方がいるかもしれません。そもそもまだ結論に達していないのですが、とりあえずリリースしてみました。博識な方はコメントお願いします。先日日本 ...

最近見かけたウェブ系に強いある葬儀社さんのリスティング広告に一言。(リスティング広告というのは、見ている人の嗜好に合わせて掲載されるネット広告です)(↑クリックで拡大。一応モザイク入れましたが、画像は数日で消去します)老眼の高齢者なら一見売上高が首都圏1位 ...

前回の記事が中国の話題だったので今回は泣き女についてつらつらと。 なんか最後の方は、故人そっちのけの感じが・・・次に泣き女が主役の中国映画をどうぞ。涙女 [DVD]リュウ・ビンジェン ジェネオン エンタテインメント 2004-11-05売り上げランキング : 161380by カエレ ...

こんなニュースを見つけたので思ったことをつらつらと。中国の葬儀変えたい=日本帰り女性、奮闘中(魚拓(WEB画面保存)サービスがブロックされているので記事の最後にテキストを引用表示しておきます)>9年間、みっちり技術を学んだ。ビザの仕組みは良く分らないのですが ...

基本的にこのブログは葬儀に関する話題しか扱いません。その割には葬儀と切っても切れない宗教の話題が少ない、と我ながら思います。確かに、宗教の話題には意識的に踏み込んでいません。なぜならば・・・そこでこの本。「イシューからはじめよ」 イシューからはじめよ―知 ...

さて4月です。このブログを続けていて一番うれしいのはこのブログを読んでいた人から葬儀業界に就職しました、という報告をもらったときです。モニター見ながら思わず笑顔がこぼれます。では、さっそく先輩面して一言。新しい生活を始めたばかりの方へ早速こういうことを言 ...

どうでもいいレベルの小ネタです。お節介かと思いますが、ティアさんのリスティング広告の文言がちょっと気になったので。↓クリックで拡大 ×「皆様に明瞭価格がご支持いただき」→○「皆様に明瞭価格「を」ご支持いただき」の方が良くないですか?誰か関係者に教えてあげ ...

前回の記事に引き続き某互助会元役員の大西秀昌氏の著作を取り上げています。(プロフィールはこちら) 「死に寄り添って、生を知る」死に寄り添って、生を知る (扶桑社新書)大西 秀昌 扶桑社 2014-03-01売り上げランキング : 1022379Amazonで最安値を探すKindleで最安値を ...

↑このページのトップヘ