考える葬儀屋さんのブログ

お葬式の担当をしながら日々考えたことを書く葬儀屋さんのブログ。 葬儀費用が心配な方、 お葬式のマナーを知りたい方、 葬儀社への就職を考えている方、 エンディングノートに興味のある方など 是非お立ち寄りください

2016年11月の記事

前回の記事(葬儀屋は部落民なのか?)に引き続き海外報道ネタです。ウォールストリートジャーナルの記事でアメリカの葬祭業が取り上げられていましたのでご紹介いたします。 米国で火葬が急増、葬祭業界が迫られる変化 - WSJ 記事中の、日本人にはピンとこないと思われる ...

今回はあえてデリケートな問題に踏み込んでいる。勉強不足故に間違った記述があればご指摘頂きたい。世界で読まれている経済誌「エコノミスト」の記事の翻訳版から (cache) 日本と「最後の通勤」:やがて訪れる死のピーク | JBpress(日本ビジネスプレス) この国の一部の地 ...

以前なぜJA葬祭は着服事件が多いのかという記事の中でJA葬祭に着服記事が多い背景をあれこれ考えてみたことがあるのですが・・・ (cache) 東京新聞:顧客の葬儀代2億円横領 JAむつみ子会社 係長を懲戒解雇、告訴へ:茨城(TOKYO Web) またJAかよ!57才で係長っていう ...

都内の某民間火葬場のリニューアル案が葬儀業界内で話題を呼んでいます。 現状をご説明しておきますと東京23区内には火葬場が9カ所あり、そのうち公営は2カ所だけで残り7箇所は民間企業が運営している、というのが都内火葬場の特徴です。 まもなく7カ所の民営斎場の1カ所 ...

(今回の記事は炎上系じゃないですよ、エールですよ。)葬儀業界唯一のちゃんとした資格、葬祭ディレクターの試験の難易度が今年(2016年)はグッと上がったらしいです。葬祭ディレクター試験合格者推移1級の合格率は過去最低の43.3%、2級は過去2番目の58.0%という ...

郵便局にはレタックスというNTTの電報サービスに相当するものがあります。 電報と同様にお祝いとお悔やみの両方のサービスがあります。  お悔やみのレタックス(弔電)の良いところ、悪いところ、微妙なところを解説します。   ○良いところ ・安い 弔電の最安値は現 ...

多摩美術大学の学園祭で、五輪エンブレム騒動の佐野研二郎氏の葬式パフォーマンスが行われたことが話題になっています。ちなみに佐野研二郎氏は多摩美術大学の教授です。「佐野研二郎氏の葬儀」多摩美術大学のパフォーマンスは無許可だった私の感想は批判している方も批判さ ...

仏壇とは、故人との対話デバイスである、と私は思っています。仏壇を通してあちらに行った人と話すことができる、というのが仏壇の機能ではないでしょうか。そして仏壇の機能が故人との対話デバイスであるならばその機能をVR(バーチャルリアリティ)技術によって代替させる ...

最近電通の新人社員の方が自殺されたり、過労死等防止対策白書が発表されたりと過労死の問題が注目されています。葬祭業は日本でも有数のハードな職業だと思いますが、少なくとも私の知る範囲で過労死した人の話を聞いたことがありません。なぜなのでしょうか?その理由を述 ...

先日「やっぱり大前研一氏の葬儀業界分析は相変わらずヘン」という記事の中で葬儀業界って信頼するに足る統計やデータが存在しないと申し上げました。とはいえ最近は卒論のテーマに葬儀業界を選ぶ学生さんも増えているので一応参考になるページを挙げておきます。レファレン ...

↑このページのトップヘ