以前
 岩下宣子さん、間違ってますよ
という記事を書きました。

マナー講師岩下宣子さんの間違った葬儀マナー
を指摘した記事です。

最近もアドバイスと称して
相変わらずやらかしていらっしゃるようなので
指摘しておきます。

不義理な人と思われない、葬儀・法要のマナー(前編) : 
病院で亡くなった遺体は、死亡診断書さえあれば、自分の車で運んでも構いませんが、ご遺体をまっすぐに載せることができる車かどうかが肝要です。

いやそういう問題じゃないでしょう。
たとえボックスタイプの車にフルフラットの空間が確保できても
ご遺体を乗せるのは大変です。
ご遺体を引きずるわけにはいかないので、
ご遺体を抱える遺族は自分の頭を車の天井にぶつけないように中腰の姿勢で
なおかつご遺体を水平に保ったまま移動して、
その後ゆっくりと腰を落として安置しないといけません。
実際やってみれば分かりますがかなり大変です。
プロに頼めば専用車両で、市内の移動距離なら2万円以内でやってくれるのですから
安易に自家用車使用をすすめるべきではありません。
ボックスカー

葬儀社にお願いすると、そのまま葬儀場へ行く場合が多いのですが、故人を一度、わが家に連れて帰り、しばし、ゆっくり寝かせてあげる、ということもできます。
葬儀場ではなくて正確には安置室ね。
それから葬儀社が自宅安置を行う頻度も高いと思いますけど。

不義理な人と思われない、葬儀・法要のマナー(後編)
不法(原文ママ)を受け取ったけれど弔問できないときは、弔電を打ちます。じつはこのとき、早く打ちすぎるのも考えものです。 臨終から間もない通夜の段階では、遺族は死をまだ受け止めきれていません。そんなときに早々と弔電が届くと、現実を突き付けられたようで、つらいものです。 弔電は訃報を聞いてすぐでなくとも、人生最後のお別れの式である葬儀に間に合うよう、会場宛てに打てばいいのです。
いや、通夜に届く弔電はつらいからダメで
およそ半日後に行われる葬儀の弔電はOKっておかしいでしょ。
実際の現場では通夜終了後に、翌日の葬儀で代読すべき弔電を遺族がピックアップすることが多いのです。
葬儀当日に届く弔電はそのピックアップ作業を開式前の慌ただしい時間帯にやらせることになるので
遺族の負担を増やしてしまうのです。
できることなら通夜の日にとどくように弔電を打ちましょう。
電報3

今回文頭には
知っておきたいマナーの新常識
と書かれていました。
そして文末のプロフィールにはこう書かれていました。
いわした のりこ 1984年に現代礼法研究所を設立。マナーデザイナーとして、企業、学校、公共団体などで指導や研修、講演を行う。 
マナーデザイナー?
それって「俺流マナーを勝手に作る」ってことですか?
それこそ最大のマナー違反ではないですか?


<2016年05月21日>記載