そろそろ葬祭ディレクター試験の季節(9月)が近づいてきています。

今回は葬祭ディレクター受験資格にある勤続年数の制限を外して一般開放してみては?
ということを提案します。

現在葬祭ディレクター試験の受験資格は
1級・・・
葬祭実務経験を5年以上有する者、
または2級合格後2年以上葬祭実務経験を有する者
2級・・・
葬祭実務経験を2年以上有する者
となっています。

勤続年数制限撤廃を考え出したきっかけは
受験資格に満たない2,3年の勤続年数にもかかわらず勤務先の葬儀社と結託して提出書類に虚偽の記載をして、1級の試験を受けて合格している人がいるという話を最近耳にしたからです。
たしかに勤務年数に関しては勤務先の葬儀社を信用するしかありません。
そうなると葬儀屋相手に性善説を取る仕組み自体にそもそも無理があります(^^;)
もちろんこういうことをしているのはごくごく一部の悪質な葬儀社だけですが。
 
しかしよくよく考えてみると
2,3年の実務経験で1級に合格できてしまう人がいるというのは、そもそも勤続年数制限の設定自体に意味がないのではないでしょうか。
もっと難易度を上げて勤続年数に関係なく、完全実力主義にした方がすっきりとして良いのではないでしょうか。 
試験
最近一部の葬儀社の中には育成に力を入れず、ずっと従業員をアルバイトレベルのままでほっておいて、目先の利益を追わせるところが増えてきています。
つまり長く業界にいるだけでスキルアップできていない人が増えてきているわけですね。
こうなってくるとさらに勤続年数に意味が無くなってきます。 

そもそも試験で人生経験やホスピタリティマインドを測れるはずもなく、現在の葬祭ディレクター試験は純粋に葬儀屋としての知識量やスキルを問うものです。

それならば受験資格無しの完全実力主義にしても問題はないでしょう。

難易度を上げると不合格者が増えるかもしれません。
不合格者の何割かが翌年再受験することを考えると、(また高額な受験料を考えると検定自体が赤字運営ではないでしょうから)葬祭ディレクター技能審査協会が困るということはないと思います。
 
また難易度が上がることで敬遠する葬祭業者がでてくるかもしれませんが
同時に勤続年数制限を外す(≒一般の人を含めだれでも受けられる)ことで葬儀業界以外からも挑戦する人が増えてくるかもしれません。
現在どうでもいいインチキ系の終活資格が乱立しているということは、一定の資格ニーズはあるはずです。 

そして業界未経験の人はよほど頑張らないと歯が立たないという設問とレベルにすればいいのです。
司法試験も年齢経歴不問ですが、実際は大学の法学部でていないとなかなか受からないですよね。

そうすることで葬祭ディレクターの認知も人気も高まるだろうし、こんな難しい試験に合格する葬儀屋ってすごいということを一般に知らしめることもできるでしょう。
その結果さらに葬祭ディレクターの価値が高まるはずです。

この提案、いかがでしょうか?



<2016年07月31日>記載