フランチャイズのサイトでこんな募集を見かけました。

これ、大丈夫でしょうか・・・

まずこの動画。出張型エンバーミングって?

これってIFSA(一般社団法人日本遺体衛生保全協会、エンバーミングの業界団体)が定義づけるエンバーミングではないよね。
IFSAは絶対コレ認めないでしょう。
IFSA無認可でもエンバーミングはできるかもしれないけど、エンバーミングの定義に関して消費者を混乱させてしまう可能性が大。
遺体保全フランチャイズ
<http://www.fc-mado.com/detail/733>
このイラスト部分には「エバーミング」と表記しているので
私の知らない「何か」かもしれない・・・わけないか。

次に
 警視庁から各都道府県警に対し、遺体修復業者の利用を促す通達が出ているにも関わらず依頼する業者が不足している状態が続いています。

これは知らなかったので調べてみた。
これかな?
でも
・行政解剖などに比べて司法解剖の件数自体が著しく少ない
・遺体修復が進まない原因は遺体修復業者の不足ではなく、予算が無いこと
なので、このニーズは期待しない方がいいんじゃないかな。

次にビジネスの観点から。
フランチャイズのメリットをいくつか挙げると
[上げ時にノウハウを教えてもらえる
▲屮薀鵐匹鮖箸┐
6般海防要な物品を安定的に供給してもらえる
ということになりますかね。

確かに特殊技術だから,呂△襪茲諭
でも「研修費20万円〜」というのが気になる。
仮に20万円の場合講習は50時間行かないでしょう。
最低時間だとしてもちょっと少なすぎだよね。
座学でなんとかなる分野じゃない。
「本当の」エンバーマー目指す人は2年間専門学校に通っているわけだし。
「本当の」エンバーマーで無いのなら、確かに資格はおろかクオリティも問われない。
そうなると・・・一体何を教えて何をさせるんだろう。

△亡悗靴討郎のところ全く無い。
はどうなんだろう。出張エンバーミングの薬液・・・か?
なんか怖くなってきた。 

この分野って大切な故人のお体を扱うが故に厳重な品質管理が必要なはずなんだけど・・・大丈夫?


<2016年07月28日>記載