今日ご紹介するのはこの漫画。今回辛口です。作者の方すいません。
 
「はじめましてさようなら」
はじめましてさようなら(1) (Kissコミックス)[Kindle版]

六多いくみ 講談社 2016-07-29
売り上げランキング : 87068
by ヨメレバ

今のところ過去にないくらい葬儀漫画の連載が続いていますが、
(参考記事:相変わらず葬儀漫画「おとむらいさん」はがんばっている「おわるうございます」第2巻が出ました )
この作品が後発にもかかわらず最も質が低いです。
一読して読者層を十代向けと想定しているのかなと思ったのですが連載誌「Kiss」は20代から40代がターゲットとのこと。
「おとむらいさん」も同じ講談社で30代から40代がターゲットの「BE・LOVE」に連載されていることを考えると、作風の比較以前にクオリティで大きく水をあけられている状態です。
他に葬儀漫画が全く無かった時代なら大目に見れたのですが。

他の葬儀漫画書評では葬儀屋さん目線でおかしいところのツッコミをやっていますが、それは一般的な漫画作品の水準を満たしているからこそ、あえてそのプラスアルファとして読んでもらう芸としてやっています。
しかしこの作品はその水準に達していません。
たとえば第一話と二話って、故人が生前女友達ではなく奥さんに直接伝えておけば何の問題もなかったのでは、と一般の読者ですら思ったはずです。
第四話の遺族が葬儀をボイコットする話も、自身が損害を賠償しなければならなくなるのでそんなことをやるのはおかしい、と思うのではないでしょうか。
漫画だから、とハードルを下げてもストーリーの矛盾に読者が気づいてしまう構成になっています。
はじめましてさようなら
それから他の葬儀漫画は、葬儀業務の難しさを描くことによって、それを乗り越えた結果、ハッピーエンドのカタルシスを得るような構成になっているのですが
(職業モノってだいたいそうです)この漫画にはそれがありません。そのせいか主人公の女の子には内面が存在しないと感じてしまうのですが・・・

この作品を書き始めたきっかけは作者の御主人が葬儀屋さんだからだそうです。
ただあとがきによると「気圧が変化すると仕事が入りそう」と信じている人らしいのでおそらくバカなのでしょう。
身近なブレーンがこの程度なのも残念でした。

あと最後に一番言いたいことです。
書籍とKindle版は同時に出してくれ!
当初書籍しか発売されていなかったから仕方なく書籍を買ったけど、2週間後にKindle版が発売、という始末。
これをブックオフに持っていくおっさんの気持ちにもなってくれ!


<2016年08月08日>記載