今回ご紹介するのはこの本。
残業ゼロがすべてを解決する――ダラダラ社員がキビキビ動く9のコツ[Kindle版]

小山 昇 ダイヤモンド社 2016-12-09
売り上げランキング : 278
by ヨメレバ

経営コンサルトの小山昇氏が残業をゼロにするというテーマで書いた本です。
小山氏に対して登場した頃はおもしろいと思っていました。
しかし最近業務改善方法を世に伝えるというよりは
本を出すこと自体が目的化しケレンのある内容にシフトしたという感じで
正直私の印象はあまり良くありません。
今回も良く言えばタイムリー、悪く言えば今の時期なら売れると踏んだのでしょう。

今回この著作も三十数社の取り組みを羅列して共通項をまとめていますが
深掘りもなくちょっと荒っぽいです。

その中で葬儀業界の会社が2社取り上げられています。
株式会社マキノ祭典(東京都の葬儀屋さん) と
株 イガラシ(福井の葬具屋さん)です。

特にマキノ祭典さんに関する記述部分はネットにもアップされていました。
ここに他の葬儀社でも使える知見がないか、見ていきましょう。

残業問題に限らずまずは社長の意思ありき、というのはその通りです。
とくに中小零細企業が多い葬儀社の場合はそうでしょう。

このブログでも葬儀屋さんの労務問題には何度も触れています。
 
一般の方に説明すると、
葬儀屋さんの残業というのはお通夜のイメージがあるかもしれませんが
大きいのは夜間待機です。
人が亡くなるのは24時間いつか分からないため、
常に待機体制をとらなけれないけません。
そのため当直業務は必須で、乱暴な言い方をすると、
葬儀屋の仕事とは決められた時間にオンタイムでいること、つまり長く働くことなのです。

他の業種は時間あたりの生産性の向上が行われると労働時間の短縮が起きますが、
葬儀屋さんの仕事の場合、スキルアップと時短にはあまり相関関係がありません。
もちろん新人よりベテランの方が 積み込み作業や設営など時間あたりの生産性は高いです。
しかしだからと言って、ベテランの現場では通夜のあと遺族が早く帰るわけではありませんし、
夜中に訃報が入らなくなるわけでもないからです。
労働

では残業の時短は置いといて、休暇時間の増加(出勤日の減少)を考えてみます。

改善するとなると労務の仕組みをいじる必要があります。
前述したように労働の発生(≒訃報が入る)は事前に予測することが難しいという問題があり、
緻密に計画されたシフトを組むことは困難です。
それでも労働時間を減らそうとするなら、一番分かりやすいのは「人を増やす」ことです。
そしてこれは固定費を増やします。
そのため「普通の」葬儀屋の社長はできるだけ最小限な人員構成にして、
労働三法ガン無視でフラフラになるまで働かせるという方法を取っているわけです。
(余談ですがマキノ祭典のサイトを見ると社長はやさしそう
2代目、3代目に多いルックスですね。
時短始めたのが最近って、これまでの数十年間なんでやらなかったの?という疑問はありますが)
こんな労働環境でブラックとまで言えないのは他業種より賃金の総量(時間あたりの単価ではない)が多いからです。
この構造のままで社員を増やすと当然固定費が増え、
閑散期(仕事が入ってこないとき)の無駄が増え、その結果従業員1人あたりの収入が減ります。
さらに新人が増えると、葬儀屋さんの場合一人前にするまで最低1年はかかりますので
育成コストがのしかかってきます。
そして不適合による退職者や転職組も多い業界なので、
さらに投資のリターンが得られないリスクが高まります。 
そのリスクは人件費にも上乗せされますから、
さらに 従業員1人あたりの収入が減る可能性があります。
つまり「効率的」とは言えない状態になります。

このように労働環境と賃金はトレードオフで、そのバランスをどうとるか、が難しいところです。

そんな状況で打つ手はあるのでしょうか。

次回に続きます。




<2016年12月19日>記載