上場している神奈川の互助会さんが超高級骨壺の販売を始めました。 
 
金額は350,000円〜1,200,000円(税別)まで
オーダーメイドもあるようです。
制作はあの大倉陶園 。
陶器に疎(うと)い私でも知っているということは恐らく有名。
MEN'S EXの日本の名品特集記事で知りました。
 
 
なるほど・・・ 
これはすごい・・・ 
 
でも・・・ 
 
 
ねぇな 
 
今回はこの商品をネタに 
葬儀の新商品の難しさ、について語ります。 
(俎上(そじょう)にあげてしまったサンライフさん、すいません) 
 壺
新商品を開発するときは 
マーケティングで言うところのペルソナ(顧客の詳細なイメージ)を想定しますが 
個人的にこの商品にはそれが感じられません。 
 
・横浜山手エリアの高級住宅街にお住まい 
・不動産会社経営3代目
・陶器と絵画収集が趣味
・事前に葬儀のことを細かく考えている 
というように ありそうな条件挙げてみても
たとえば・・・買うのはこんな人っていうのがリアルにイメージできないんですよね。 
 
「こんな高価な骨壺持ち込まないでよ、割れたら責任問題になるからさ」
と葬儀担当者にクレームをつける横浜市営斎場の職員は
表情すらすごくリアルにイメージできるのに(^^;) 
 
骨壺にはレギュレーションがないので(都内の民営斎場は外部から持込禁止というくらいか) 
容量的に問題なければ基本的に何でもいいわけです。 
であるなら仮に上記の条件に合致する人が実在したとしても、
自宅でずっと飾っていた○○作のあの壺を使ってくれ、という展開になりそうなんですよね。 
つまり他の高級陶器という「競合」がたくさん存在する状態。 
 
あと百歩譲って潜在需要のある人がいたとして、
その人に販売している葬儀社スタッフのフローもイメージできません。 
おそらく1000件に1件くらいの成功率、と現場のスタッフが踏んでいると、
潜在需要のある顧客が現われても、どう勧めていいかわからないでしょう。
それに葬儀は時間制約があるので、
でまれにに売れる商品はいざっていうとき供給体制に問題が有ることが多いです。
都度発注の場合は間に合いませんとか、
倉庫の在庫を取り出したら瑕疵品だったとか割れてたとか。
そのリスクを現場は分かっているのでますます腰が引ける→ますます売れないの無限ループ
に陥りがちです。 
 
あとあまり考えたくありませんが
墓荒らしの盗難リスクっていうのもあるかもしれない。 
 
戦略無き高価格化というのは、他に策が思いつかないので値下げしますというのと実はあまり変わりません。 
(この商品がそうなのかは私には判断つきません。話題作りを狙っている可能性もあるので) 
 
次回は私の考える新商品についてお話しします。 
 


<2017年01月31日>記載