葬儀業界は最近資格が乱立していて私も全て把握できていないのですが
(参考記事:葬儀屋さんの資格一覧
真打ちが登場してきたようです。
 

立ちあげたのは一般社団法人日本儀礼文化調査協会、またの名をJECIA。

・そもそもC社の社長が立ちあげた葬儀社格付け機関でC社が最高評価
・C社が所得隠しで摘発されてもずっと最高評価
ということで
葬儀業界のモンドセレクション みたいなもの
という認識で合っていますでしょうか?
(ほめてます。念のため)
プレゼンテーション

さて今度できる資格はその名も
 
「フューネラルグランコンシェルジュ」

なんで「グラン」を付けたんだろと思ったのですが
Rマーク付けてないから使えないこともなさそうだけど、まぁ確かに面倒そうですね。
(もう最近、資格名もそれらしい言葉の順列組み合わせになっているみたいで、
「ライフエンディングコンシェルジュ」あたりの名称も押さえておいた方がいいかも・・・
って思って調べてみたらもう使われているし(T_T) ) 

それにしてもこのフューネラルグランコンシェルジュ評価認定委員も豪華ですね。
なぜ山田洋次がいるのかは分からんが・・・人情的な何かか?

受講料は2日間で20万円!
登録料で10万円!

受講者としてモトは取れるんでしょうか。
人の尊厳や品格に携わる究極のサービス業としての心のあり方、対応力を備えた人材を、独自の教育講座を通じてその能力をさらに高め
なるほど、2日間で!
実務だけでは身につけることが難しい、幅広い教養や細やかな接遇能力を教授し、高い人間力とホスピタリティーで人生最後の儀式において頼られる存在と成り得る資質を養います。
なるほど2日間で!

JECIAも立ちあげ理念は立派なのですが、
ブランド価値を担保する仕組みが若干おざなりなため羊頭狗肉感を個人的には感じます。
今回の 「フューネラルグランコンシェルジュ」ではそのようなことがないことを期待しています。
 
ちょっとやそっとの実力じゃ取れないようにしてください。
20万かけて受講して、バンバン落として合格率10%未満という光景がみたいです。

フューネラルビジネス(葬儀業界紙)の記事には「経済産業省認定の制度となる」って書かれていました。
そうすると中小企業診断士などと同じ扱いってことでしょうか。
だったら難しくしないと。 

もしそうなったら私は受けませんが(^^;) 


<2017年01月17日>記載