「孟母三遷の教え」というものをごぞんじでしょうか?
一般的な解釈は下記の引用の通りなのですが、あえて別の解釈を提唱してみます。
孟母三遷の教え
【読み】 もうぼさんせんのおしえ
【意味】 孟母三遷の教えとは、子供の教育には、よい環境を選ぶことが大事だという教え。また、教育熱心な母親のたとえ。
【孟母三遷の教えの解説】
【注釈】 「孟母」とは、孟子の母親のこと。
「三遷」とは、住居を三度移し変えること。
孟子の家族は、はじめ墓場の近くに住んでいたが、孟子が葬式ごっこをして遊ぶので、市場の近くに引っ越した。市場の近くに住むと、孟子は商人の真似ばかりして遊ぶので、学校の近くに引っ越した。
すると孟子は礼儀作法の真似ごとをするようになり、孟子の母は「この地こそ子供にふさわしい」と言って、その地に落ち着いたという故事から。
<http://kotowaza-allguide.com/mo/moubosansen.htmlより引用>
孟子
<https://zh.wikipedia.org/wiki/File:Mencius2.jpgより引用>

私の解釈は以下の通り。

「まず最初に墓の近くに住んで葬式のまねごとをしたことによって、人生が有限であることを知り、生きることを知った。
次に市場の近くに住んで商人のまねをしたことによって、市場原理という世の中の仕組みを知った。
最後に学校の近くで礼儀作法のまねごとをすることによって対人能力を身に付けた。
このように正しい順番で段階的に大切なことを学ぶことができたので孟子は大成した。」 

そもそも孟子は儒学者だったわけで、儒教においては葬儀の知識は必須なのだから、その観点からも私の解釈は有りだと思うのですが・・・

この解釈を
葬儀会館建設反対集会の場で「葬儀会館ができたら子供の教育に悪い」と叫んでいた若い母親(←実在した)に捧げます。


<2017年03月07日>記載